タグ:家族 ( 37 ) タグの人気記事   

謹賀新年   

明けましておめでとうございます!
b0162238_10432233.jpg
あっという間に2018年となってしまいました。
ブログも久しぶりで。。。
こんなブログにいつもお付き合いくださり、本当にありがとうございます。
(12月後半のブログは、新年に書きます)



今年は九州にて年越し。
そして、本日朝早くから東京に向かって戻っています。
新幹線でブログを書くのは初めてですが笑
朝からたくさんの方が移動しています。



2017年、たくさんの出会いがありました。
本当にたくさん。
多くの皆様と音楽できたことで、沢山の刺激をいただきました。
心から、ありがとうございました!!




幸せの裏には大きな悲しみもありました。
どんなことも、結局最後は自分自身で乗り越えていかなくてはいけない。
そう思い知った年でもありました。




至らないこともいっぱいでした。。。
沢山凹みました。
幾つになったらちゃんとした人間になれるのか。
幾つになったら凹まない人生を送れるのか。





2018年。
まずは健康に過ごしたいと思います。
そして、引き続き、沢山の皆様から刺激をいただき、昨日よりも今日、一歩でも前身できるような、そんな小さな一歩を大事にしていきたいと思います。




感謝を忘れず、誰かのためになるような日々でありたいと同時に、少し自分のことも大切にしてあげたいと思います。




区切りの年になりそうです。
人生の後半をどう生きて生きたいか。
大好きなこと、やりたいこと、そんなことに時間を使っていけるよう。
嫌だな、と思うことに使っている時間はもうないかもしれません。
会いたい人に会う時間を大切に。
何もかも、飽和させないように。




みなさまにとりまして、2018年も健康で笑顔いっぱいの年となりますように。
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。



2018年1月2日
村田智佳子







by chikako-kokachi | 2018-01-02 10:43 | 家族

2017年終わりに   

正しいことが人を傷つける事かもしれない


嘘が人を癒してくれるかもしれない


言いたいことをはっきり言うことで傷つく人がいるかもしれない


言いたいことを言わなかったがために誰かが嫌な想いをしているかもしれない


遠慮することは配慮かもしれないけれど、迷惑かもしれない


正しいと思って行動したことが、誰かを苦しめているかもしれない


自分の幸せが他人の不幸かもしれない


何気なく言った言葉は時に暴力となりうるかもしれない










人は言葉によって傷つくことが多い
全ての人に愛されたり、全ての人にいい顔はできない












時とともに変わらないものもあるし


時とともに変わっていくものもある


時がきたらまた戻っていく関係もあるだろうし


時がきても戻らない関係もある








いつ終わるか誰にも分からない人生
自分が一緒にいて苦しい人と付き合う時間はもったいない
何かが変だと思ったら、思い切り離れるのも一つ











事実として変わらないのは




親と子であること
兄弟であること
家族であること





血ってすごいと思う







家族に限らずだけれど
大切な人と、大切な時間を過ごそう
限られた時間しかないから






凹むこともたくさん
自分をばかだと思う瞬間なんてしょっちゅう
うまくいかないことを数えたら恐ろしいくらいになる
誰かに傷つけられた時は、誰かを傷つけているかもしれない






それでもみんな生きていかないといけないから
大切な人との時間を大切にする
ただそれだけ
それだけで、多分時間は足りないくらいだ




♪♪♪♪♪♪♪♪

年末の家族恒例温泉旅行
今年は袋田の滝に。
大迫力。
自然の力はすごい。
半分凍った滝は芸術的。




どっかで待っていていてくれる人がいるから頑張れる
可愛い甥っ子姪っ子が総勢5人
兄弟たちとそのお嫁さんたちと両親と
最高に心和む時間
大切な時間




いつもありがとう

b0162238_14110692.jpg
b0162238_14105239.jpg
b0162238_14110023.jpg




そしていつも支えてくださる皆様にも。
大好きな生徒さんたちにも。
ありがとうございます。
b0162238_14191405.jpg
b0162238_14192634.jpg























by chikako-kokachi | 2017-12-31 00:49 | その他

将棋士 羽生さんの言葉   

羽生善治さんが史上初の永世7冠を達成されました、
私は将棋に詳しくないけれど、昔羽生さんの本を読んで感銘を受けました。
そして、将棋の世界も音楽の世界も似ているところがあるな、と思いました。
その時からかな、将棋はよく分からないけれど、羽生さんという人の隠れ(?)ファンです。





今回思わずブログに向かったのは、この言葉を残しておきたかったから。
永世7冠を達成された後、このようなことをおっしゃっていました。





最近の将棋界、「内容が変わってきた」




若くて研究熱心な棋士の棋譜を勉強しないといけない。伝統的な世界だが、盤上はテクノロジーの世界として日進月歩で進んでいる。常にそういう最先端を探求する気持ちでいる




かっこいい!!




ピアノの世界も、例えば、気になることを調べていくと、ネット場で熱心に研究されいるアマチュアの方々のブログに出会う。
本当に研究熱心で、プロに習うより(ピアノの先生に習うより)自分で勉強、研究を続けていた方が得ることがある、と思っている方が沢山いらっしゃる現実に、考えるものがあります。




本物の根本にあるもの、核であるべくことろはしっかり認識していないといけないけれど、羽生さんのように、時代とともに変化していくものに敏感になり「探求」を続けること、それはプロにおいて、最低限やるべくことだと思います。(自分への戒め)





さて、一夜明けて羽生さんは奥様に感謝の言葉を述べていらっしゃります。



対局に集中できるように細やかに気を使ってくれて、とても感謝しています。



素敵です。




なんだか、やっぱりどの分野も“人”に繋がるなって。
そう思います。




♪♪♪♪♪

先日、結婚4周年を迎えました。
年々感謝の気持ちが増えていき、この先10年後とか20年後にはどうなっていってしまうのだろう、、と思っていました。



お祝いのメールをくださった先輩奥様がおっしゃっていました。


2人で生きていくのに一番大事なのは「感謝の気持ちを表すこと」


羽生さんの奥様のように、私は旦那さまに細かな気配りができているかといったら、口をつぐむしかなくなってしまいますが。。


立派な奥さんは無理でも、いつだって何があっても一番の味方でありたいと思います。
そして先輩のおっしゃるように感謝の気持ちを伝えること、思うだけではダメなのですね。


今、とてつもなく家が荒れています。。
年末までこれは続きますが。。
ちょっぴり我慢していただいて。。苦笑
とりあえずは音楽に向かいます。
いっぱいのありがとうとともに。
b0162238_11301495.jpg






by chikako-kokachi | 2017-12-06 09:22 | 音楽 その他

やりたいこと100のリスト   

私たち夫婦はあまり休日が重なりません。
旦那さんは土日休み。
私の土日は本番かレッスンかリハか、何かしら予定があります。
それでも、それぞれに楽しくやっています。
そしてそれを報告し合うのですが、全く知らない世界の話は面白いです。
考え方も色々で。








たまに、ポンと家で一緒にいるとき
こんなことをしてみました。









やりたいことリスト100








きっと今、二人とも、色々考える時期です。
日々の会話でも、前に進むべく前向きな話があります。
ただ、そこを様々な事情により(理由をつけて)前に進めずいつも同じことを言っている、、、
そんなちょっとした閉塞感を感じることもありました。








そんな時、いつも元気をいただいているある方のブログを読み、この「やりたいことリスト100」を実行に移してみました。










やりたいことリスト100










30分強かかりました。
仕事に関すること、家族に関すること、行きたいところ、趣味のこと、会いたい人、これから磨いて行きたいスキルetc










印刷して見せ合いをしたら、重なる部分も沢山ありました。
また、相手の今悩んでいいる箇所もうっすら見えてきました。
(もちろん自分も)
将来どうしたいのか、今何がしたいのか、何をすべきなのか。












お金がかかりすぎるから無理
自分にはこんな大それたこと無理










今回、「無理」という言葉はなしに、本当に自由に書きました。











思い返して見れば、よっぽど大きなショックやよっぽど大きな出来事が次への行動を促してくれた気がします。
むしろ、なんでこんな大きなことが起こる前に行動に移さなかったのか、行動してから反省して。
反省したのに、また次の大きな悲しみがあるまで同じことを繰り返していたのです。









行動は大切。
大きなショックが起きてからでは遅いこともある。
それでも大きなショックがあるからこそ、次のステップへ踏み込むきっかけになる。
そういうことがないと、何か気にはなっているのだけれど、日常の「なんとなく」に流されて、なあなあになってしまう。。。。。










すごく矛盾している。
それが人なのかな。









いや、違うと思いたいので、今後はなるべく、思っていること、心の奥の自分の感情に正直に生きて生きたい、とここに記しておこうと思います。










先週、一緒に音楽をつくっている仲間がこう言っていました。











「人生、いつ終わるかなんて分からないのだから、自分が一緒にいて心地いい人と一緒にいたい。環境は自分で選べるもののはず。」









(全ての言葉そのままではないのですが、このようなニュアンス)










こういう人と一緒に仕事できて、嬉しいな、と思いました。
その通りだなって。










やりたいことリスト








これはどんどん変わっていっても良いとのこと。
今の自分の気持ちに正直に。
そして、一緒に人生を歩んでくれている人が側にいるなれば、その人の思いも尊重したい。
ぶつかるかもだし、話し合いが必要なこともあるかもしれないけれど、ちゃんと向き合っていたい。








早速、やりたいことリストの何個かを始めるための準備を開始しました。









エレーナ先生が沢山背中を押してくれている。
間違った道を歩むことも、失敗も、もちろんあるかもしれないけれど、怖がって進まないよりは、とりあえずやってみたらいいのかもしれない。
先生がおっしゃったように、謙虚に、謙虚に。









そんな風に前を向き始めたら、ドンピシャな映画に出会いました。
次回、ご紹介いたします。
その中のある人が言っていました。







「偶然の出会いなんてないと思う」







そう信じたいです。



b0162238_16540377.jpg

















by chikako-kokachi | 2017-09-18 22:14 | その他

コロラド州&ユタ州 2017年夏   


1週間の夏休み。
アメリカ、コロラド州&ユタ州へ。
BIG BIG Adventure!!!!!!



プロデュースしてくれたのはモスクワ留学時代、寮で2年間同居した友人、その旦那さん。
こんな夢のような時間を本当にありがとう。
感謝しかないです。



旅の詳しい行程はまた書きます。
とりあえずは無事帰国のご報告までに。



カメラ趣味のだんなさまは2000枚近くの写真。
多すぎて笑



桁違いの自然の雄大さ。
友人夫婦との会話からの人生感。
自分の中の「感覚」が変わる経験。
とてもとても大切な時間でした。




Thank you Belichan and Jon!!!!!

b0162238_08380304.jpg
b0162238_08344074.jpg
b0162238_08353652.jpg
b0162238_08355574.jpg
b0162238_08361035.jpg
b0162238_08362404.jpg
b0162238_08363626.jpg
b0162238_08370808.jpg
b0162238_08365396.jpg
b0162238_08371057.jpg
b0162238_08372345.jpg
b0162238_08373802.jpg
b0162238_08375179.jpg
b0162238_08381931.jpg
b0162238_08385358.jpg
b0162238_08390661.jpg
b0162238_08392014.jpg




by chikako-kokachi | 2017-08-21 08:42 | 家族

夏休み前の本番全て終わりました!〜大切な場所   

大変ご無沙汰しております!!!





6月から続いていた本番、やっと一段落しました。
これから甦っていこうと思いますが。
まずは、それぞれのコンサートでお世話になった皆様、そして聴きにきてくださった皆様、本当にありがとうございました!!


b0162238_20384820.jpg




特に7月は本番が毎週続き、健康管理、心の管理に緊張感ただよっていました。
家庭では掃除の回数が少なくなり、たまにゴミ出しの日さえも忘れてしまっていたり。。
自身の仕事もとっても忙しいのに、サポートしてくれただんなさまには感謝の言葉以外ありません。
いつも正しいことをバシっと言ってくれる。
でも最終的には味方でいてくれる。
自分がこうしてピアノを弾く事ができるのは、本当、色んな方のお陰です。
ありがとうございます。







今やっとちょっぴり気持ちがリラックスしています。
日々の合唱団、レッスンはもちろんありますが、心なしか、優しい顔をしているのでは、と自分で思っています笑






昨日は朝からレッスン。
夕方は実家で久しぶりにごはんを食べました。
美味しいビールと日本酒と。
父の新鮮野菜と、地元の好きな焼き鳥屋さんの焼き鳥、お寿司。
豪華です。笑
盆と正月がいっぺんにきました。





家族っていいな。





そう思いました。
音楽に集中できるのは、こうやってリラックスできる場所、帰る場所があるから。
「はあ」って(溜め息でなく安堵の「はあ」)、ただボッとして、何でもない話をして、また頑張ろうと思える場所。
それは私にとって家族なんだな、と。





あと数日がんばって、夏休みです。
とりあえずブログ更新しなかった期間のコンサートを振り返ったり、読んだ本のご紹介やら、嬉しい出会いや思っていることやらをブログにまとめていこうと思います。




連続して書いていけるかな。笑





ではまた!!





父の野菜達。
おいしいですから笑
どんなに大変でも、夕飯はなるべく作らなくては、、そう決めていました。
さすがにたまには外に食べにいってしまいましたが。。
なんとか自分としてはがんばれた分野(?)かな、と思います。
引き続き、料理は楽しみたい!

b0162238_20392720.jpg
(取れたて野菜は最高に美味しい!!)


b0162238_20394656.jpg
(父のきゅうり、トマト、オクラ入りサラダ)


b0162238_20403838.jpg
(父のジャガイモをジャーマンポテト風に)


b0162238_20411871.jpg
(父のナスを煮浸しっぽく笑。頂いたカツオを削って本物のカツオ節をタップリと!!)



by chikako-kokachi | 2017-08-07 19:09 | 音楽 その他

おんがく   

最近ピアノを弾いていると涙もろい



なんて素敵なメロディ。。



何て切ない和音進行。。



音と空間が作り出す素晴らしい瞬間にブワっと目が水分で潤う



そっから色々想像する



その曲を作った人のこととか



その曲がどういう風な状況で出来上がっていったのか、とか




あまりに美しくて、この音楽の存在自体が幻なんじゃないかとさえ思えるときも




もちろんクラシックに限らず



♪♪♪♪♪




誰かと音楽するとき




音と出してる人間同士が、それぞれその出した音をお互い敏感に感じているか




少なくとも自分から聴けていると、相手がどちらを向いているのかが分かる




片想いのような切ない時もあったり、両想いのように幸せを感じることもある




決して見つめ合うだけでなく




お互いが目配せしながら感じ合いながら、でもそれぞれが前を向いて進んでいく感覚



あ〜ピアノパートはただの伴奏じゃないと思える瞬間



♪♪♪♪♪



おんがくは生きている


自然に呼吸をして生きていて




時に情熱的に



時に苦しく



時に純粋で



時に混沌とし



時に怒って



時に迷い



時にさわやかで



時に深刻で




時に幸せで




何とか生きている




だから




ジャンルに関係なく



ソロアンサンブルに関係なく



プロアマ関係なく



おんがくの脈拍を感じながら



「生きていること」を感じながら



おんがくと共に「生きたい」




♪♪♪♪♪



なんとなくだけど



少々涙もろいのは




生まれたばかりの姪っ子に会えたからだと思う



呼吸をすると体でわかる



小さな体が精一杯呼吸している



ミルクをちょくちょくのんで



体をグルグル動かして



あーー人ってこうやって生きているんだなーって



なんか奇跡のような出来事じゃないですか?





この子たちが大きくなった時代が平和であって欲しい



♪♪♪♪♪



姪っ子ちゃんに会えて



「生」と「おんがく」がリンクしたから




おばは妙に涙もろいのです



きっと



夜中のひとり言














by chikako-kokachi | 2017-05-14 01:22 | エッセイ

【本】一汁一菜でよいという提案〜すべてのことで基本が大事である〜   

b0162238_18233838.jpg
※本に影響されて一汁一菜に挑戦





お仕事でご一緒しているヴォイストレーナーの先生から教えていただきました。






一汁一菜でよいという提案 土井善晴著




b0162238_18215450.jpg



正直、ごはんを毎日つくるのは大変です。。
メニューを考えて、買い出しににいって、時間も労力も使う。
でも、食事が大切なことは母から教わっているし、外食が続けば体がおかしくなるのは身を以て経験しているので、家でつくって食べる食事が大切なことも重々分かっています。






幸い料理は苦ではないです。
むしろ料理は息抜きのように思っています。






それでも本番が続けば、メニューも疎かになっていくし、食事を抜いてしまうことも、、






この本に出会って、「そっか、ごはんとお味噌汁があれば充分なのだな!」
と安心感をいただきました笑






そして、それだけではなく、それ以上に深いところの物事の視点を教わりました。






人が生きる原点といいますか
生きていくのに大切なことはとてもシンプルなことであること
日本人の美意識、日本文化の美しさ






日本の「ハレ」と「ケ」の概念








食事の根源的な意味を考えること。
すべての人の命をつくるものだから。
最低限のことを行うことが一人ひとりの幸福の為の行動。








良く食べることは良く生きること






人間の暮らしで一番大切なことは「一生懸命生活すること」
一生懸命したことは、いちばん純粋なこと。
純粋であることはもっとも美しく、尊いこと。







すべてのことは基本が大事。






和食の感性、考えるよりも感じること







和食のおいしさは、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感をすべて働かせて味わい、感じた事を意識化したもの







偽りのない「真実」、打算のない「善良」、濁りのない「美しさ」という、人間の理想として好まれるものが「真善美」。それを「きれい」という一言で表してしまうのが日本人なのです。







お料理と人間の間に箸を揃えて横に置くのは、自然と人間、お天道様から生まれた恵みと人間との間に境を引いているのです。「いただきます」という言葉で結界を解いて食事を始めるのだと考えられます。








いくつか自分自身ピックアップしておきたい言葉をひろっておきましたが、その他にもグサグサくる言葉がありました。








全て音楽に通じてきて、さらには生き方に通じてくる。
食も音楽も自然も、そして美意識も生き方も、全て円を描く様に繋がっている気がします。







合唱団わをんさんの演奏会のご案内をさせていただきました。
その第4ステージの組曲(初演)。
詩人は長田弘さんです。







組曲終曲である第4曲目の詩にこんな部分があります







よい食卓の上には、
よい時間が載っている。
おいしい食事とは、
おいしい時間のことだ。
食卓を共にするということは、
時間を共にするということだ。









ぐっときます。
その通りです。







長田さんの詩集に







食卓一期一会 長田弘






というものがあるのを指揮者さんから教えていただきました。







この一汁一菜を読んだ後だったので、興味深く、この詩集を購入しました。







一期一会は食卓にあり
人生とは   誰と食卓を共にするかということだ







全篇全て食べ物の詩です。
そして、全て人生につながる。。






結局、何事も基本が大切で、食事の時間も音楽の時間も、その時間を誰と共に過ごすかというのが大事で、そこにはいつだって「美」があり、自分の居場所があるのです。







ご興味ございましたら、どうぞお手にとってみてください。
素敵な本を教えてくださったYせんせい、ありがとうございます!





ちなみにネットに著者である土井義晴さんのインタビューページがありました。たくさんあった中から2つをリンクさせていただきます。






生協パルシステムの情報メディア KOKOCARAより







The Huffington Postの記事より







晩ご飯は、一汁一菜でいい。
そう思うとメニューを考えるプレッシャーから楽になります。
その食事を囲む家族を、大切に思いながら作りたいです。








ここからはとてもあったかい、ただ感謝しかないお話です。







ある曜日、朝から晩まで、家を出てから家に帰るまで12時間以上の日があります。
この曜日はいつもお昼が疎かになります。
たまたまお昼頃に生徒さんのご自宅レッスンがあります。
あるきっかけで、そのレッスン後に少し、そこで練習させて頂けることになりました。






レッスン後に練習しようと思ったら








「先生、お時間ありましたら、簡単にお昼いかがですか?」と







いただいたお昼ご飯です。
b0162238_18250103.jpg



まさにこの本を読んでいるときだったので、涙がでるほど嬉しかったです。
いつも暖かく見守ってくださる方。
おいしい、おいしい。
心からありがとうございました!






ごはんは、人を幸せにしてくれますね。
愛情が伝わりますね。
そして、きっとそれは音楽も一緒だと信じています。







下記は初挑戦した料理達




ひじきの煮物はだんなさんの好物。
でも結婚して4年目、初めてつくりました笑
b0162238_18254647.jpg




とりのささみを使ってポン酢と大根おろしで混ぜました。
大好きな料理屋さんにあったメニューを真似してみました。
もちろん味は落ちますが、それでも充分美味しかったです。
b0162238_18260897.jpg




豚肉とタマネギと小松菜のペペロンチーノ〜柚胡椒入り(本当はキャベツが良かった)
レストランのランチでいただいたものが美味しく挑戦。
柚胡椒を使うのか!とびっくりしましたが、ランチをご一緒した方もお家でおつくりになっていると!よくできました笑

b0162238_18265271.jpg


by chikako-kokachi | 2017-04-08 07:49 | 本、映画、絵

充電期間は必要? 2017年、スタートです♪   

あけましておめでとうございます!
b0162238_17451445.jpg
もう5日になってしまいました。
昨日から始動しており、日常が戻ってきました。



変わらない、何でもない日々が幸せなことであることを忘れず、健康第一で、今年も音楽とじっくり向き合っていきたいです。数年後に○十代を向かえます。自分の人生を考えたとき、大きな分岐点がくるような気がします。そんなものを見据えて、少しづつでも前に進んでいけたらと思います。




怒濤の12月終わり、すっかり腑抜けてしまっていました。
毎年ですが、年末はやり遂げた感を強く感じます。
反省はあったものの、充実感もいっぱいでした。



学生の頃から、やりきった感が強ければ強いほど、回復までに時間のかかるタイプでした笑
試験、コンクールetc
何かを終えると、充電期間が必要でした。



むしろ、「やったー!!ピアノが弾ける!!」と喜ばなければいけないのではないか。。と、そう思えなかった自分に罪悪感を感じていたこともありました。




音楽が仕事になってからは、「充電期間が必要」なんて、そんなこと言っていられないでしょう!次!次に行くよー!と思っていました。(もちろん実際そういう時もあります!それもそれで生きがいがあります!)




でも残念ながら人間でした。笑




年末年始はネットやメールに(少しだけ)蓋をして。(ごめんなさい)
家族、親族、家族のような友人達と過ごした時間。
子供の頃に戻ったみたいでした。



それもこれも、日常の日々があるから。
またエンジンをかけて発進してまいります!!
本年も、どうぞ宜しくお願い致します!!



2017年1月 村田智佳子


PS
年末は、様々な忘年会と毎年恒例の温泉旅行。
そして年越しは弟夫婦の美味しい美味しい料理。
年始は、親族の集まりへ。
写真をみるだけで、また食べたくなります!
b0162238_17451507.jpg

b0162238_17451619.jpg

b0162238_17451769.jpg


by chikako-kokachi | 2017-01-05 17:42 | その他

音楽一家ではないけれど   

うちは音楽一家ではありません。
ごく普通のサラリーマンの家庭で育ちました。



ピアノは習い事の一つとして始めました。



ピアノの練習においては



小さな頃は「練習しなさい!」と言われたこともあったように記憶していますが、小学校にあがってからは、あんまり言われたことがありません。(たぶん)ピアノの練習が習慣になっていたのだと思います。



思い出しました。



夏休みには祖父母の家に長く滞在。
ピアノの練習は、朝、NHKの連続TV小説が終わると、近所のおばちゃんのお家にいって弾かせてもらいました。(それをさぼることは許されなかったように記憶しています)こればかりは、いとこのみんなと遊びたいナーーと心で思ってはいました。でも、練習が終わると、いとこの姉ちゃんが迎えにきてくれて、一緒に美味しいお菓子を頂いて帰れたので、それは嬉しかったです。



リビングの隣の部屋が練習室なので、防音にしていてもかなりの音漏れ。
TVの音が聞こえない、と言われたのを覚えています。



歳の近い弟は、私の練習している曲のメロディーを覚えていて、そのメロディーをおもしろおかしく歌いながら、練習室に入ってきたのを良く覚えています。
(自慢の弟です)



歳の離れた弟は、自宅でレッスンをして頂いていた当時、レッスン中に「おねえーーーーー!!」と言いながら侵入してきたのを、私も、そして先生も良く覚えています。(同じく自慢の弟です)



小さな頃に流れる音楽といったら、まあ、谷村新司さんとか、チェッカーズさんとか、演歌?、さだまさしさんとか、ラジオから聴こえてくる昔の歌とか。笑



そんな環境で育ちました。
ですので、自分が今こうしてピアノで生きていることが不思議でなりません。笑



両親への大きな大きな感謝は、私がやりたいことを常にバックアップしてくれたことです。父は音楽への道を反対していた時もあったのですが、それでもロシアへの留学まで叶えてくれました。自分のよく分からない道に進む娘をどんな想いで支えてくれていたのか、、、心配をかけていたに間違いありません。そして音楽バカにだけはなるな、といつも警告してくれます。母はいつだってよく分からない娘を受け入れてくれています。)



私にとってピアノは生活の一部でとても大切なものです。
そして同じように家族が大切です。
(今だから言えます)
べたべたする関係とかではなく、むしろ随分あっさりしていますが、でも大切な存在で、ゆっくり休める場所です。



今の家でもそうです。
音楽家ではない旦那さん。
その心の広さに大きな安心感を感じます。
自分が育った家と同じ環境が今もあります。




最近は姪っ子ちゃん、甥っ子ちゃん達が可愛すぎて。
少し凹んだりすると、3人に会いたくなります。
いじょうなほど笑




なんだね、家族というものは。



いやいや、今日はそういうことを言いたいのではなく。







音楽家一家でなくとも、音楽の道に進みたい気持ちを強く持ち続けて努力を重ねたら、いつかどこかで様々な出会いに助けられ、道が開けてくるかもしれない、ということ。



音楽家ではない、普通の家庭で育ったからこそ、出来ること、分かることがあるということ。




そして間違いなく言えることは、家族が自分を育ててくれているということです。この家族だからこそ。。。




まだまだ挑戦の日々。




感謝の心をけっして忘れずに。



なぜこんなことを急に書いたのか?
少し前に、これから音楽の道に進むか、進まないか、迷っている方のお話を聞いたので。




音楽の道に進む覚悟は、やはりどれだけそれが好きか、に関係しているように思います。




もちろんそれ意外に必要なことも沢山ありますが。



♪♪♪♪♪♪
昨日は朝から夜遅くまでレッスンと通訳。
頭から煙、体から悲鳴が聴こえましたが、心は充実でした。

今日はレッスンと合唱団と。
こんな生活も、家族がいてくれるから。
また週末にちびっ子達に会えるのを楽しみに。
b0162238_10312383.jpg

by chikako-kokachi | 2016-06-17 07:06 | 家族