タグ:コンサート ( 213 ) タグの人気記事   

Information♪   

当ブログへのご訪問ありがとうございます♪ 智佳子

b0162238_1361257.jpg

☆コンサート等のご案内☆

♪2018年5月27日(日)2018年6月3日(日)
おかあさんコーラス 東京支部大会
5/27 with コール・オアーゼ
6/3 with 女声合唱「楽」-GAKU-、with T-pupilla



♪2018年6月8日(金)
JCDA合唱の祭典2018 第19回北とぴあ合唱フェスティバル
オープニングコンサート
with ピーターパン and混声合唱隊Neo-TOKYO
詳細はこちらです↓

♪2018年6月9日(土)
新宿区合唱祭 初夏に歌おう
with コール・サファイヤ、with 混声合唱隊Neo-TOKYO



♪2018年6月22日(金)
まきことちかこのヒミツのロシア♪vol.4
1900開演@六本木シンフォニーサロン
※近日詳細発表


♪2018年6月23日(土)
神奈川県合唱祭
with 小田原木曜会



♪2018年6月30日(土)
第57回明立交歓演奏会
詳細はこちらです↓
♪2018年7月29日(日)
大久保混声合唱団第41回定期演奏会
チケットはこちらより
そして詳細はこちらです↓









by chikako-kokachi | 2018-12-31 11:47 | コンサート

「まきことちかこのヒミツのロシア♪」第4回《ピーターと狼》〜ピーターってだれ?   

「まきことちかこのヒミツのロシア♪」第4回が決まりました!





b0162238_17570614.jpg





6/22(金)19時から
@六本木シンフォニーサロン





プロコフィエフ《ピーターとおおかみ》〜ピータって誰?





というお題です。








この作品は子どものために書かれたナレーション付きの音楽作品(小編成のシンフォニー)で、台本もロシアの民話を元にプロコフィエフ自身が書いています。








♪この作品が書かれた背景
♪プロコの子どもに対する眼差し
♪一度亡命したプロコがソ連に帰ってくることになったきっかけとその後の作風の変化
♪ソ連時代の子ども教育について







など、まきこ先生(まきちゃん)とお話を進めていこうと思います。








とても面白い作品です!






当たり前ですが、子ども向けのシンプルなメロディーやリズムのどこをとっても「あ〜プロコフィエフだな〜」と思います(笑)プロコフィエフ、なんだか良く分からない、と思う方にもシンプルゆえに(いい意味で)分かりやすく面白さが伝わることと思いますし、プロコフィエフ大好きの方々は、まきちゃんの赤裸々なお話を聞きながら、さらにプロコフィエフが大好きになってしまうかもしれません!









プロコフィエフは子どものためのピアノ作品もいくつか書いています。
私も生徒さんによく選曲してきました。
個人的に、彼の子どもに対する眼差し、音楽をどのような存在として子どもたちにに伝えていきたかったのか、とても気になります。







そして、この作品を、2人のピアニスト&ナレーション付きで演奏いたします!
今回、まきこ先生と私と同じ時期にモスクワに留学していた大好きなピアニスト川村祥子さん(さっちゃん)をゲストお迎えし、まきこ先生とピアノ演奏を担当してくださいます。
そして私は、ナレーションです笑。
しかも先日びっくりする提案がまきこ先生からきまして、気が気じゃありません笑。
初ナレーション、楽しみです。








また、もちろんいつものように大人気の(?)ロシアの軽食、お飲物(アルコールもノンアルも)をご用意いたします♪







もしお時間ございましたら、どうぞ遊びにいらしてくださいませ^ ^
まるで自分たちのお家のように(笑)、六本木の素敵なサロンでお待ちしております!








「ヒミツのロシア」細くとも長く続けていけたらと思います。
今年度もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m








P.S ちなみに今年度、あと2回はムソルグスキーの歌曲、ストラヴィンスキーのバレエ音楽をお題にしていく予定です。
ますます濃くなっていきます(笑)







【お問い合わせメール】  Krugmuzyki@gmail.com






直接こちらからも受け付けています。










♪♪♪♪♪♪




今までの「ヒミツのロシア♪」







なぜこの企画が始まったのか







1回目の様子







2回目の内容







3回目の様子




by chikako-kokachi | 2018-05-25 06:56 | *コンサート情報*

はるのピアノコンサート vol.4   

4月のはじめ、生徒さん達のおさらい会、はるのピアノコンサートvol.4 を無事終えることができました。






b0162238_10594956.jpg





色々なピアノに触れて欲しい、という思いがあり、毎回会場を固定しないようにしているのですが。
今回は私も初の「紀尾井町サロンホール」
ピアノはスタインウェイでした。
とってもお洒落で素敵な場所でした!








正直、毎週定期的にレッスンすることが難しくなってきて、それぞれの予定を合わせながら月1、2、3回その都度決めていったり、本番前にレッスン回数を増やしていく方法をとったり、臨機応変に対応していただいていました。








こんな状況で本当にいいのだろうか、と思うことも少なくなりません。







ただ、本当にピアノが好きで続けていらっしゃる方々、私と一緒にピアノの時間を過ごしたい、と思って頂ける方々とご一緒できることはとても幸せであり、レッスン時間はむしろ私の日々のパワーの源ともなっております。







自分が弾く現場で演奏を続けることにより、お伝えできることが沢山あると信じて、今後も日々自らがしっかり切磋琢磨し、音楽の楽しさを、時には厳しさも皆さんと共有していけたらと思っております。







この会は自由にピアノを弾く時間として、ピアノが、音楽が、好きな方々に集まっていただき、共にその空間を楽しみたいと思い発足しました。






私はピアノや音楽にラインを引いたり、くくったりすることがあまり好きではありません(笑)







ひたすら、ピアノを楽しみ、上達したいという気持ちを持っている方のバックグランドをよく知り、その方それぞれの音楽活動の手助けができるよう、向上心のお手伝いができるよう心がけています。







というわけで、この会ではいつも様々にピアノと向き合っていらっしゃる方々が登場します。
初舞台の子。
とっても久しぶりの舞台の方。
忙しいお仕事の合間をぬって月1回でもレッスンに通っていらっしゃる方。
海外の先生の指導を受けている子。
大変な部活、勉強と両立してピアノを楽しんでいる子。
プロのピアノ弾きでいらっしゃったり、ピアノの先生でいらっしゃる方。
やむなく他のご予定と重なってしまい欠席されている方もいましたが。
etc...








今年は蓋をかけてみたら






歌あり
家族合奏あり
フルートとのアンサンブルあり
ピアノ演奏以外にも、多くの音楽で満ち溢れていました。






こういうのが「理想」です(笑)
先ほども書きましたが






この会は自由にピアノを弾く時間として、ピアノが、音楽が、好きな方々に集まっていただき、共にその空間を楽しみたいと思いで発足したからです。






音楽がこぼれ落ちそうなほど充満していました。
全て、生徒さんたち、そしてご両親、ご家族の助け、支えのおかげでございます。
体調管理が最悪だった先生はなんとか、この日を迎えることができました。。。
まさかの先生不在も頭をよぎるほどで。。。
ご心配おかけして申し訳ございませんでした。
本当に皆さまに感謝感謝です。








来年は第5回。
また元気にこの会を開催できるよう、願いながら。







みんなの成長に目を細めつつ。
今後の課題も見えつつ(結構厳しい笑)
心から幸せな時間。
本当にありがとうございました!!


b0162238_10593399.jpg
b0162238_11091410.jpg

b0162238_11091669.jpg


by chikako-kokachi | 2018-04-23 23:58 | ピアノ講師

宇野功芳先生メモリアルコンサート   

先日、2016年6月にお亡くなりになった宇野功芳先生のメモリアルコンサートが終わりました。(すみだトリフォニー小ホール)


b0162238_08452050.jpg


ずっとブログをご覧くださっている皆さまには繰り返しになることもあるかもしれないのですが。。。



2年経って、このメモリアルコンサートを終えて、思った今の想いを綴っておきます。



私が先生と出会ったのは先生が81歳の時。
曲目はなんと昭和歌謡。
ものすごい「美」のこだわりをもって、溢れんばかりの情熱をもって、先生は「芸術」というものを全身で教えてくださいました。
もう言葉ではいい表せないほど沢山。
お亡くなりになるまでの4年間、先生とアンサンブルフィオレッティの皆さまと色々なところで演奏しました。




色々なタイプの指揮者の先生がいらっしゃるけれど、先生は先生の欲しい「世界」に妥協がなく、ちょっと自分の個性を出そうものなら、「ピアニストは黒子のような存在でいてほしい」と諭すようにおっしゃっていました。(黒子の解釈もまた深いのですが)



こんなに自由に弾きたいタイプの自分に務まるのか。。



求められるピアニズムは私が今まで経験してきた世界を超え、先生の芸術像を音にする為に4年間、本当に沢山悩みました。顔にブツブツができるほど、胃がおかしくなるほど大変でしたが、それでもなんとしてでも自分には全くなかった先生の「美の世界」に近づきたかったです。



ご一緒したどのコンサートでも、毎回すすり泣きが聞こえました。
そして一曲終わると拍手だけでなく、ため息とか、思わず口からもれる感想とか、そういった反応が客席から返ってくる、なんとも不思議な空間でした。
義理とかそういうものでなく、このコンサートを心から求めていらっしゃる方がいらしてくださっていたのかな、そう思いました。



たった4年でしたが、あんなに強烈にあんなに独特で妥協のない「芸術」を側で学べたことは、私のピアノ人生の大きな大きな宝物です。



その先生のメモリアルコンサート。
先生はいらっしゃいません。
前奏も間奏も後奏も、ピアノに近づきながら指揮されていた先生がいらっしゃらない。
何故か先生の棒を、手をみただけで、その空間や時間の流れがスッと変わる。
その先生がいらっしゃらないわけです。



とても悩みました。。。



フィオレッティの皆さんと先生とのお時間は16年間。私は4年間。



奏者それぞれの思い出の先生は一人一人違います。
テンポ感一つにしても、ニュアンス一つにしても。
それをどう、何に合わせていくのか。指揮者なしであの繊細な曲の表現を10人でどこまでアンサンブルできるのか。
悩みまくりました。



このコンサートを終えて思ったことがあります。



こうしてものすごい影響をくださった先生の生き様、「芸術」をちゃんと自分の中に成長させていかないといけないということです。



あの頃を思い出して再現していくとか、過去に帰るのではなく、どんどんその感覚を熟成させて、自分の人生と共に成長させていかないといけない、ということです。



これは私の中で確信しました。
音楽は生きていて、ライブのコンサートは生きているものにしか奏でることができないからです。



宇野先生が今回のコンサートを聴いていたら、「僕は君にそんな風に弾いてくれと言っていない」と言われたか、もしくは無言でニヤッとしてくださったか。。。だと思います。



私なんかが先生に出会えたのは奇跡だと思います。この奇跡が奇跡で終わらないよう、時間はかかるし、歩みはゆっくりかもしれないけれど、許されるのであれば、もっともっと「目に見えない世界」を追い求めていきたいと思います。



実は今回、迷いがあまりにひどく、自分の中だけで解決できなくなり前日に恩師に相談しました。恩師のクリアーな一言が、カツを入れてくれました。
もう泣くしかなかったです。



自分の音楽人生、出会えた先生方の背中は本当に大きいです。
音楽だけでなく、生き様からも、ものすごい影響を受けています。
宇野先生がくださったお手紙に「村田智佳子は世界中に自分一人しか居ません、というピアニストになってください。」とありました。
今の自分には恐れ多いけれど、そういうものを目指して日々経験を積み重ねていきたいと思います。




やっと2年経って冷静に先生との時間を振り返ることができました。
もっと教えて欲しいことが沢山あったけれど、あとは自分次第。
そう思ったコンサートの日でした。



終わった瞬間、あ〜終わって良かったよ。。。と心から、心からホッとしました。

b0162238_08495029.jpg



※宇野先生との思い出は過去のこのブログにまとめてありました↓


by chikako-kokachi | 2018-04-22 08:21 | 過去のコンサート

明治大学グリークラブ弘前特別演奏会♪   

青森、弘前市にて明治大学グリークラブの皆さんと演奏会でした。

b0162238_07475910.jpg
b0162238_11480508.jpg

b0162238_11480986.jpg

地元の中学生、高校生との合同ステージもあり、素晴らしい企画でした。




音楽があれば、いろんな方と繋がれる!






明グリさんはこの演奏会前日にも地元の老人ホームなどでお座敷演奏。






地元の新聞やテレビにも取り上げられていました。






いろんな方々の力で実現された日。
ご一緒できたことがとても嬉しいです。






実行すること、大事だな、と。
なんだか音楽以外にも刺激を受けました。






今新幹線で東京へ戻っています。
そのまま中高生の練習に合流です。






弘前の中高生のあの美しい響きがまだ頭に残っています。





東京でもがんばろう!!





明グリさんとの次回本番は5月。
毎回アンサンブルが濃くなっていけるよう、さらに前を向いていけたらと思います!




お写真にて青森だより♪
b0162238_11591636.jpg
弘前の桜はまだ早かったです!
b0162238_12035750.jpg

b0162238_11594196.jpg
夕刻の岩木山がとっても美しく
本番後の散歩より
b0162238_11594582.jpg
ねぷた 弘前駅にて
b0162238_12000127.jpg
新青森駅にて
りんごの自販機。かわいいです。
b0162238_12004173.jpg
道中は雪!
b0162238_12031715.jpg
りんごのお酒 シードル
b0162238_12032688.jpg
アップルワイン
b0162238_12033728.jpg
駅弁 津軽物語


by chikako-kokachi | 2018-03-22 11:46 | 過去のコンサート

小学生との本番から感じたこと〜見えないところが要となる   

リサイタルが終わり、3月10、11日は小学校の音楽会での本番。








学校にはとっても素晴らしいホールがあり、そこで各学年合唱や合奏を発表していきます。







私も初めての体験でした。









お手伝いしている合唱団も音楽会初デビュー。







さらに4年生、6年生と一緒に音楽。







そして合奏の選曲がすごかった。
5年生6年生になってくると、ドヴォルザークのシンフォニーなど。
使用している楽器も多様で。
自分が小学生の時とは全く違う世界でした。









時代なのか、公立と私立の違いなのか。







一つ、深く心に残ったことがありました。








人は人の支えによって、思わぬ力を発揮するということ








大きなホールですが、全校の保護者の皆さんが1日に入りきれない為、2日間に渡って開催されていました。
私がご一緒した高学年のみんなの親御さんたちは2日目にいらしていました。








練習の時も、本番1日目も頑張っていたけれど、本番2日目、ご家族が応援に来ている日は、さらにすごい集中力でした。
朝、8時台からの練習、その時からもう何か空気が違っていました。










誰かに見られていることがパワーとなっている








自分を応援してくれている人が見てくれているから頑張れる









こうした応援や支えが、本番でいつも以上の集中力のバックアップになってくれるのだな








と。









ある方向から見ると




人の前で自分をよく見せたい





ある方向から見ると





自分の近しい人、自分を応援してくれる人のために頑張りたい






真実はどちらにあるのか
両方なのか
分かりませんが








どちらにしろ、応援してくれる人がいることが子供達の大きなモチベーションになっていました。
人に支えられている、ということがどれだけ子供達のパワーに繋がっているか







考えさせられました。
まさに自分もそうだなと。
1週間前を思い出しました。









そして、もう一歩進むともっと素敵だな、と思ったのでした。









その時だけでなく、日々、いつもその想いを胸に、自分と戦うこと、向き合うこと。







見られている時だけ頑張るのではなく
見られているから「よく」見せるのではなく








いつも、応援していただいていることを胸に、自らの意思で努力すること。







ここまでいけたら、ここまで思えるものに出会えたら。








自分がそうしたいからやる。
たとえ見られていなくとも。
見られていないところでこそ積み重ねていく。







ピアノはまさにそう。
人前で弾くためにどれだけの時間をかけて、どれだけ勉強しているか。
舞台では華やかに見えるけれど、その裏は?







人から見えないところが大事。
それがその人の芯を、核を担っているように感じます。








毎週、刺激ばかりです。








さて、これから10日間の間に小学生、中高生、大学生、そして大人の合唱団の皆さんと、4本の本番が続きます。
寒暖の差、移動もあります。
体調に気をつけて、気を引き締めてまいります。
移動中にブログ、更新できるかな?






みなさんもどうぞ寒暖の差、お気をつけください^^
ではまた。









PS
今日レッスンに実家に帰ったら隣の公園で梅が咲いていました。
優しいピンク。
もうとってもとっても可愛い姪っ子甥っ子たちともちょっとだけ遊べて。
元気もらいました。
なんであんなに可愛いのだろう(←オババカ)





今、自分の叔父や叔母達が優しく支えてくれているように、私もこの姪っ子甥っ子たちをずっと応援し続けられるオバでいたい、そう思います。



b0162238_18535723.jpg












by chikako-kokachi | 2018-03-18 22:56 | 音楽 その他

御礼〜小泉耕平 村田智佳子ピアノデュオリサイタル vol.3   

小泉耕平さんとのピアノデュオリサイタルvol.3 多くの皆さまに支えられ、無事終えることができました。
b0162238_00142175.jpg

b0162238_00142351.jpg

b0162238_00142524.jpg

b0162238_00142786.jpg
(お写真はリハーサルのものです)


日曜日の夕方に、本当に沢山の方々がお集まりくださいました。舞台に出た瞬間、それがとっても嬉しかったです。ご来場くださった皆さま、そして応援くださった皆さま、本当にありがとうございましたm(__)m




お顔が分かって、頷いてトークを聴いてくださっているお姿から、沢山元気と勇気をいただきました!




ピアノを続けることができるのは、こうして多くの方々に支えられているからなのだ、と強く強く実感した日でした。





まだまだ学び続けなくてはいけないことばかりです。
毎日色んな角度から音楽と向き合う時間を大切に、出会って一緒に音楽できる皆さんから沢山吸収して、人としても音楽家としてもさらに成長していけたらと思います。




当日舞台裏や受付など、お手伝いくださったのは皆、大好きな友人達でした。たぶん私の性格を知り尽くしているみんなです。笑。
どれだけ心強く、支えられていたか。。本当に感謝の気持ちばかりです。






そしてもちろん家族にも。時にがっつり叱咤してくれ、そして全面的に見守ってくれるその愛情にこれまた感謝ばかりです。




休む間も無く3月もまた本番が続きます。
一つ一つ丁寧に音楽に向き合っていきたいと思います。





本当にありがとうございました!
まずは御礼までに。
そして今後とも、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


b0162238_00163783.jpg

b0162238_00163958.jpg

b0162238_00164152.jpg

b0162238_00164461.jpg

b0162238_00164667.jpg




村田智佳子

by chikako-kokachi | 2018-03-07 00:12 | 過去のコンサート

コンサートのリハーサル   

昨日はホールリハーサルへ。
写真は小泉くんソロ中。


b0162238_13244710.jpg



連弾、面白いです。
隣にいる人の気配で、何かが変わる。
隣から聞こえてくる音の響きが毎回違って、いい意味でライブ感がとても強いです。








期間限定で、音質はよくないのですが、バーバーの連弾組曲「思い出」の第4曲目‘ツー・ステップ’の始めの部分を1分弱UPしてみました。






雰囲気が伝われば、と思います。
日曜日はお天気、良いといいのですが!
どうぞお気をつけていらしてくださいませ^^
もし週末のご予定お決まりでない方には、よろしければ遊びにいらしてください♪





もう少し。
やれること、しっかりやってまいります。


















by chikako-kokachi | 2018-02-27 07:03 | コンサート

ロシア音楽番組「まきことちかこのヒミツのロシア♪」第3回 チャイコフスキー「四季」〜チャイコフスキーは本当にロシアがお好き?〜 終了レポート   

1週間経ってしまいましたが、、、、
ヒミツのロシア♪第3回チャイコフスキー「四季」〜チャイコフスキーは本当にロシアがお好き?〜
お陰さまで無事(?)終了いたしました。



b0162238_23400354.jpg



内容はこちらより↓





これでなんとか今年度のヒミツのロシア♪全3回の公演を終えることができました。
お越し下さいました皆さま、本当にありがとうございました!
興味を持ってくださり、応援してくださった皆さまにも、本当にありがとうございました!





今年度最終回の今回は、六本木シンフォニーサロンが満席となりました。
本当にありがとうございますm(__)m






第3回は大好きな「四季」
モスクワで聴いたトロップ先生の大感動した「四季」






こうした形で世界に入り込むことができて、幸せでした。






今年度から始まった新しい(?)試みは、アットホームなリラックスした空間で、ロシアに浸っていただけたらという想いでした。
実際やってみると、色々でてきて。
最後の会では2人して沢山ピアノを弾くことになり笑。
喋って弾いて、頭もフル回転。





家でビデオチェックすると、「あ〜こんな話し方しているんだ」「笑い声大きいな」「まきちゃん声綺麗」「コントみたい」「この運びはもっとスムーズにできたかな」etc. 演奏以外にも色々と。





少しづつ改善していきながら、皆さまの意見に耳を傾けながら、細く長く、大好きなロシア音楽と共に心地よい空間をプロデュースし続けていけたらと思っています。





ちなみに、なかなかロシアン軽食の内容をご案内できなかったのですが、いつもレギュラーで登場したのは




・ピロシキ(お肉、お野菜)
・黒パン(第3回目は焼きたて!)
・モルス(カシスやクランベリーのジュース、ビタミンたっぷり!)
・グルジアの赤ワイン




そしてその回の内容に合わせて




・ブリヌィ(なんとまきちゃん手作り!!)
・ロシアのスパークリングワイン
・ウォッカ
・ロシアのコンフェーティ(チョレート菓子)




などなどです。


b0162238_13051944.jpg
b0162238_13054223.jpg
b0162238_13060045.jpg
b0162238_13062045.jpg
b0162238_13064492.jpg


先日、まずは自分で飲んでみないと、と思い、グルジア、ロシアワインなどをまとめ買いしました。しっかり味見して、来年度に生かしていこうと思います笑。


b0162238_13074534.jpg




さて、来年度は





♪プロコフィエフのシンフォニー「ピーターと狼」〜ピーターって誰?

♪ストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」「春の祭典」〜ストラヴィンスキーってロシア枠?

♪ムソルグスキーの歌曲〜ムソルグスキーって「展覧会の絵」だけ?




テーマの絞り込みが難しく、やっとここに収まりました。
少しマニアックになっていく感じです笑





そして一緒にモスクワで学んだ仲間が支えてくれていました。
今もこうして会えるのがとても嬉しくて。
ありがとうございました!





今後とも、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m





そして今は3/4の小泉君とのリサイタルに頭を切り替え。
昨日も合わせ。
毎度煙出ていますが、なんとかこの素敵な曲達を素敵にお伝えしたいです。
まだやれることが沢山あるはず。







おっとその前に、明日は混声合唱隊Neo-TOKYOの皆さまと東京マラソンの路上応援演奏です!
ランナーの皆さんの熱い想いを身体中で浴びてエネルギーに変えていきたいと思います。





一歩一歩。
さて、まずはレッスンに行ってきます!!



by chikako-kokachi | 2018-02-24 07:39 | 過去のコンサート

ロシア音楽番組「まきことちかこのヒミツのロシア♪」第3回 チャイコフスキー「四季」〜チャイコフスキーは本当にロシアがお好き?〜   

ひみつのロシア!

第3弾です!





b0162238_17435555.jpg


3回目となります、今年度のシリーズ最後のテーマはチャイコフスキーのピアノ曲「四季」。









チャイコフスキーは本当にロシアがお好き?というサブタイトル。









「四季」を1月から12月まで、2人で協力しあいながら全曲演奏に挑戦です。










全曲演奏の機会、まきちゃんの興味深いチャイコフスキー、ロシアのお話、休憩時間に美味しい軽食とグルジアワイン(ノンアルコールもあります)を食したれば、ロシアに行きたくなるかもしれません!(笑)










四季、大好きな作品です。

シンプルに聴こえますが、弾き手としては考えることが沢山で苦戦しながら。メロディが美しい。









まきこ先生は、今回、「私たちの体感したロシアの気候や思い出から、どう演奏すると良いか」というお話を計画しているそうです。私も原稿を楽しみに、そしてロシアの世界にどっぷりつかれる時間を楽しみに準備してまいります。








今回の会場は六本木シンフォニーサロン(第1回目と同じです)。照明の感じとか、会場のサイズとか、今回の企画にぴったりだな、と思っています。








2月16日(金)19時より。

しっとりとした(?)ロシアの夕べとなることと思います。もしご興味ございましたらご連絡いただけたらと思います^ ^







Krugmuzyki@gmail.com



※もちろん、直接コンタクトいただいても大丈夫です。

どうぞよろしくお願いいたします!






b0162238_17472770.jpg
こちらが六本木シンフォニーサロン。
(第1回目より)




b0162238_17481786.jpg
第2回目の会場、渋谷ラトリエ。
軽食コーナー♪




b0162238_17491503.jpg

b0162238_17491774.jpg
第1回目はグルジアワイン。
第2回目はウォッカも登場。
3回目は?!?!




b0162238_17505573.jpg

b0162238_17510565.jpg




ここまで書いて、第2回目のコンサートレポートを書いていなかったことに気がつきました。。。(なんと)




書き上がるまで、第2回目より、この2枚の写真を上げておきます!




来年度の企画3本も決まりました。
(チラシ記載)
続けることはとっても大変です。
でも大好きなロシアを少しでもご紹介していけるよう、継続できるよう、今後ますますロシアの音楽が浸透していきますよう。
できる限りやってみます。





どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m






♪♪♪♪♪♪♪


関連ブログ




なぜこの企画が始まったか?



第1回目の様子



第2回目の内容

by chikako-kokachi | 2018-01-11 17:42 | *コンサート情報*