<   2012年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

そしておまけ   

前記事のコンサート等、また年末に頂いた綺麗なお花達と美味しいお菓子達etcです!!
うちはお花畑と化しました☆☆
本当にありがとうございました!!
b0162238_14325099.jpg
b0162238_14333158.jpg

b0162238_14342386.jpg

b0162238_1435413.jpg

by chikako-kokachi | 2012-12-28 14:36 | コンサート

2012年12月コンサートレポート♪   

随分大雑把なタイトルでまとめてしまいました。
すみません!
どのコンサートもとても素敵な時間でした。
ご来場下さいました皆様、共演者の皆様、ご協力くださった皆様、応援くださった皆様、ありがとうございました!!
b0162238_13562412.jpg

藤沢市あいまーる保育園にてクリスマスコンサート♪
今年でお邪魔して三年目になりますが、子供さんはもちろんご父兄の皆様、園の先生方に暖かく迎えていただき、明るく楽しい時間でした。そして私達の演奏前の子供さんの発表は年々レベルアップです!先生方が涙ぐむほど!少しでもこの日のことを楽しかったと思ってもらえてたらいいな♪
b0162238_1413816.jpg
そしてこちら早稲田大学合唱団の演奏会@練馬文化センター大ホールも、若さ溢れる素晴らしい会でした!大学生のあの澄んだ声はとても印象的。団結力やOGOBの方を含む連帯感もすごい。すっかりその勢いに便乗させていただきました♪大合唱にほぼ満席のお客様!大盛況でした!そして、これが許可をいただいた大好きな先生とのツーショット☆この方こそ、私の人生を変えたお方です!!笑。「自由に弾いていいよ!」の一言で私が本番どうなるか先生はもちろんご存知であったはず!言葉以上に自由に弾いていったピアノと、先生の指揮のコンタクトのスリリングさ!!笑!最高でした。中学生だったあの時、先生に付いて行くと何の迷いもなく頑なに決断し、今こうして同じステージ立てること。感無量です。
b0162238_14233875.jpg

翌日はガラッと変わって、素敵なレストランでのコンサート。
b0162238_14252418.jpg
お客様のお顔もはっきり見え、反応もばっちり分かって、和やかに素敵なときを過ごすことができました。子供さんから大人まで、そして遠方からはるばると本当にありがとうございました。Kirscheでは、これからもこうした小さなライブ(コンサート)をちょこちょこと開催して参ります。Kengoのサウンドはとってもとっても独特のワールドです☆毎回新曲を書いてくれるのですが、今回はピアノソロの曲をお披露目致しました☆→「HaNa」どこかで予定が合います時にはどうぞこのサウンドを楽しみに遊びに入らしてくださいませ!コンサートレポートはこちらのホームページより!(←クリック!!)次回は3月10日(日)です!
b0162238_14251988.jpg
b0162238_14253394.jpg


とふりかえりつつ、新しいドレスを調達したい!と思う私です。笑

by chikako-kokachi | 2012-12-28 14:31 | 過去のコンサート

モスクワへ   

モスクワ留学中に数えきれないくらい沢山のコンサートを聴きました。


その中でも、神がかったかのように本気で心から震えたコンサートがあります。
その1つがメルジャーノフ先生(Victor Merzhanov)のリサイタルでした。


当時既にご高齢で「もう次はないかもしれないから、絶対聴いた方がいいよ」とルームメートから誘われて。まだ留学したてで、どういう方もあまり分からず、でもとりあえず皆と音楽院のボリショイザールへ。


会場はほぼ満席。
あのボリショイが。


そしてピアノまでゆっくり、ゆっくり向かうメルジャーノフ先生。
こんなご高齢で、本当に大丈夫なのか、と心の中で思ってしまうほどゆっくり。


ドキドキとなんとも言えない期待感が一緒になる。
そして演奏が始まる。



出てきた音に言葉なし。



。。。。。。





そしてショパンの葬送ソナタ。
あのテーマの瞬間。


。。。。。。



ホール中の人が、息をころしてその演奏に聴き入った。
ホール中の人が、その音を感じる以外のことを一切止めた。
ホール中のみんながステージにクギヅケになる。




私はただ天井を見上げてただ涙が止まらなかった。




静かに涙を伝っている人。
ただひたすら目を閉じて上を向く人。



皆息をするのを忘れているのでは?と思うほどの静けさ。
ピアノの音以外の音が聴こえなかった瞬間である。



ステージのピアニストとピアノが、天の光と繋がっているように思えてしまった。
このままピアニストは、ピアノとともに天に召されていってしまうのではないか?
そう不謹慎にも思ってしまった瞬間。





そして最後の音が消えてなくなった時。
長い静けさと、鳴り止まない拍手。





こんなコンサートはもう遭遇できないであろう。







昨日メルジャーノフ先生が94年の生涯に幕を閉じました。
あの瞬間を、あの興奮を今も鮮明に覚えています。
一刻一刻と時代は移り変わっています。
なんとしても繋いでいきたい。



ロシアの偉大なピアニストがこの世を去った日。
大切なモスクワ時代を思いながら。
モスクワに向けて。
合掌。

by chikako-kokachi | 2012-12-22 01:56 | ロシア語通訳

12月上旬→人間ドック&デート♡   

選挙が終わり、色々思ったりするわけであります。
FBでも様々な情報が飛び交っていましたし、街頭では連日の演説。
あっちにゆれ、こっちにユレ、さてこれから日本はどうなっていくのでしょうか。。。

そして気づけば今年もあと半月。
早いですね。
師走。
毎日ブログを更新したいほど、様々な経験をさせていただいているのに(汗)
時間差ブログをお許しください^^!

というわけで、12月上旬。うちからの光景。
b0162238_23434568.jpg
こんな綺麗な紅葉でした!この日は初体験。人間ドック!!正確には、シンプルレディースドックいうプランで、通常の人間ドックの30代前半バージョンです。この仕事をしていると、定期的な健康診断の管理は自分です。やっと実現。

初のバリウムは、、、
こんなに大変なのか、と。
あんなに動きまわるとは。。そして指示してくださる方のテンポの良いこと!こっちは指示されている左右がよく分からなくなって、どっちに回っていいものか、クルクルしてしまいました。そして、飲みたくないものをゴクゴク飲むつらさ。。。

検診後はそこからご近所の「ブリジストン美術館」へ。こちらも初体験。
b0162238_23545640.jpg
b0162238_23544733.jpg
印象派以降の展示会。好きな色使いのものが多数ありました!

その後練習に帰宅。

夜は再び街へ。
デートです
父娘の♡

一件目は美味しい焼き鳥屋さん。
二件目は気軽に入れるバーへ。
b0162238_23581871.jpg

いつの頃からでしょうか?この親子デート。年に数回ですが、大好きな時間です。話がつきない。聞きたいことも沢山。そして美味しいものも頂ける(アレ?!笑)今は都内集合、そして帰る家は別。それでも昔と変わらずいつまでも、この大きな背中を追いかけていこうと思います。いつもありがとう、おとう!!!

by chikako-kokachi | 2012-12-18 00:11 | 家族

であい   

不思議なほど出会いが出会いを呼んだ一週間。



何がどうまわってこうなるのかな、と思うけど。

何も根拠がないことはないと思う。

導かれるようにして惹かれる。



人が人を介して

人が音楽を介して

音楽が人を介して




ふしぎだ


大切にしよう

by chikako-kokachi | 2012-12-16 01:19 | その他

早稲田大学合唱団第57回定期演奏会♪   

b0162238_1342462.jpg


早稲田大学合唱団第57回定期演奏会
2012年12月23日(日・祝)1700開場1730開演
練馬文化センターこぶしホール(大ホール)
前売り券500円 当日券800円(60歳以上の方は当日も500円)


こちらの第4ステージで指揮者辻志朗先生と髙田三郎作曲「水のいのち」を共演致します。第3ステージまでは学生さんのみのステージで信長貴富作曲「いまぼくに」やジブリ名曲選等のプログラムです。

来年は髙田三郎先生の生誕100周年ということで、様々な場所で髙田作品を聴く機会がありそうです。そして、今、他の合唱団でも髙田先生の曲集を取り上げていますがピアノパートもなかなか弾きごたえがあります。少しこのサウンドにはまりそうです。

一緒に共演する指揮者の辻志朗先生はピアニストでもあられます!!(そして私のピアノの師匠です!いつも先生を目標にして追いかけています。笑)髙田先生の作品ではピアニストとして沢山録音もされています。そんな先生と先日指揮者合わせをしてきました。色々と伝授して頂きました。共演が楽しみすぎます!

師弟共演、約150名(?)の早稲田大学合唱団さんとの共演。
お時間ございましたら、是非ご来場くださいませ♪

by chikako-kokachi | 2012-12-16 00:27 | 過去のコンサート

Kirsche Christmas Concert♪   

b0162238_144445.jpg

b0162238_14313710.jpg
Kirsche Christmas Concert♪
キルシェ クリスマスコンサート


日時:2012年12月24日(月)
開場12:30 開演13:00
チケット ¥3,000 (完全予約制)
ワンドリンク&ドルチェプレート付き
会場:Cafe & Dining Cesta (池袋)
出演:Kirsche(永野瑞枝・村田智佳子)


ワンドリンク&ドルチェプレート付きのコンサートです。
座席数に限りがある為、完全予約制とさせていただきます。

ご予約はこちらまで info@kirshe-web.com
キルシェのWebサイト(←クリック!)もご覧下さい!

Cafe & Dining Cesta (カフェ&ダイニング チェスタ)
住所:東京都豊島区池袋2-30-13 サブコートB1 地図
電話:03-3984-1716
池袋駅西口から徒歩7分
東京メトロ副都心線C7出口から徒歩5分


Kirsche(キルシェ)でのコンサート。
昨年から活動をスタートし、様々な場所で演奏させて頂きました。この9月、10月の本番では私の手の故障のため他のピアニストさんがご協力くださいました。ということで、私も久しぶりにキルシェのステージです。ソプラノの永野とともに、アレンジャーKengoのサウンドを大切にお届けしたいと思います。本当に、お洒落なアレンジばかりです。新作もございます!また、開場のCafe & Dining Cesta (カフェ&ダイニング チェスタ)さんも素敵な雰囲気です!大きなお店ではありませんので、残席も少なくなっているようですが、もう少し大丈夫そうです♪皆様とささやかに温かなクリスマスを過ごせますよう頑張ります。お時間ありましたら美味しいデザートを味わいに、いかがでしょうか?^^!!

by chikako-kokachi | 2012-12-16 00:00 | 過去のコンサート

髙田三郎作品&スゼーとボールドウィン   

b0162238_0263968.jpg
声楽の友人からお借りしているCD。ジェラール・スゼー(バリトン)、ダルトン・ボールドウィン(ピアノ)。心落ち着く。。。やっぱり歌曲好きです。ピアノと声の共演。こんな絶妙なアンサンブルが出来るようになりたい。
b0162238_0383634.jpg
そして様々な合唱団で髙田三郎作品に出会っています。来年は髙田先生の生誕100年の年です。近いところでの本番は「水のいのち」。なんとしても髙田弾き、師匠の音色に近づきたいのです。繊細でダイナミックなピアノ。これ以上にないであろう最高の間。もちろん合唱とのアンサンブル。あと2週間。向き合います!!

by chikako-kokachi | 2012-12-11 00:46 | 音楽 その他

最近の大人買い、そしてプーシキン   

b0162238_23494477.jpg
本です。
だんだん狭い家の中の本の率が高くなっております。。。
最近、ビジネスもの、経済もの、そこから繋がって哲学もの等にはまっています。
というのも、ご縁があってお知り合いになり、しばらくご無沙汰していたのですが様々な繋がりでFBでまたお会いすることのできた社長さんの影響です。発信されているお仕事における志、その他諸々とても共感でき、素敵だなーと密かにファンであります。女性のまだまだお若い社長さん!私の密かな憧れ!笑!その方がFBでよく、「こんな本を読んでます!」とつぶやいていらっしゃるのを見て、「私もーーー!」と調子に乗って購入しているのです。もちろんその本のみならず、その売り場に行って自分の気になるものもチェック。お恥ずかしながら今まで、ビジネスとか経済学とか、ほぼ縁がなかったもので、そのコーナーの本棚がとても新鮮です。

何か音楽界に結びつく接点がありそうか?
おもしろいです。


そしてこちらはガラッと変わってプーシキン「金の魚」!
b0162238_065184.jpg

お誕生日に頂きました☆日本語は読み終えて、ロシア語読み。これくらいだと、まだかろうじて(?)読めます!ちょっと安心。笑。ロシア語の言葉の並びの美しさまで味わえると素敵だなーと思いながら。そういえば、留学中のロシア語の先生、プーシキンについてあつーーくあつーーーく語っていたなー、とふと思い出した夜でした。少しモスクワが恋しいな。

by chikako-kokachi | 2012-12-09 00:24 | 本、映画、絵

金井醸造場さんのワイン   

b0162238_1341424.jpg
頂いたこのワイン、金井醸造場(←クリック!)さんの新酒です。白→Vinoda万力デラウェア&シャルドネ、赤→Vinoda万力カベルネソーヴィニヨン&マスカットベリーA2012。
30代のご夫妻が山梨の自家農園で育てた葡萄から、ワインを創っていらっしゃるようで、なかなか手に入らない貴重なものなのだそうです。今年の新酒も1日で売り切れてしまったとか。そんな貴重な大切なワインを頂いてしまい、いつ、誰と飲もうか緊張してしまうのですが(笑)

金井醸造場さんのブログやFBにお邪魔すると、ワインやぶどうへの想いがぎっしりつまっており、なんだかその真っすぐな心に感動してしまいます。こちらのご夫妻が今年、ご本を出版なさったということで皆様にもご紹介させて頂きます!私もこれから拝読致します!

「ぼくのワイン」著者:金井一郎、金井祐子 / 出版社:編集室屋上
詳細はこちら(←クリック!)のサイトにございます!!

同年代の方の活躍、生き方、とても刺激になります。
そしてこのような貴重なワインとの出会いをくださったSさん、本当にありがとうございました!

by chikako-kokachi | 2012-12-04 13:35 | その他