カテゴリ:合唱( 40 )   

【ピアノレッスン】合唱の伴奏(ピアノ)レッスン   

数年前から、とても嬉しい言葉をいただいています。
昨日も。







合唱団の練習の帰り道。
合唱団員さんとの会話の中で。







「歌を歌いに来ているけれど、ピアノを聴くのが癒しだし、元気になる」






という、(会話そのままではないけれど)そんなお言葉でした。





とーーーーっても嬉しいです笑
そうか、みなさん、ピアノを聴いてくださっているのだなって。





妙に1人でこだわって、こう弾きたい、こうしたらもっとよくなる?
など、考えて、でも、合唱団の練習はピアノのレッスンとは違うので、「ここをもっとこうして欲しい」「ここはもっとこうなのではないかな?」と客観的に毎回
意見をいただけるわけでもなく、ピアノパートに関して、毎回よかったか、よくなかったか、反応があるわけでもありません。





ですので、こんな帰り道のちょっとした言葉とか表情が心から嬉しく。。。。





(もちろん指揮者の先生によってはピアノパートに関して沢山ご指摘してくださる方もいらっしゃいますし、こだわって欲しいことを伝えてくださる方もいらっしゃいますし、とっても勉強になります。)





こんな嬉しい言葉をかけていただいて、前から思っていることがあります。




もちろん、本番でお客さまの前で演奏する時、それはその会場の皆さまに楽しんでいただけるよう、その音楽を味わっていただけるよう、その楽曲に向き合い表現するわけですが。




もっと根本を辿ったら、練習(合わせ)の段階で、共演者の皆さんに、「あーーーーピアノパートも素敵だわ」「ピアノも一緒に音楽している」と思っていただけることが、まず大事な一歩なのかな、と思うわけです。



癒される
元気になる




って最高のプレゼントです。






昔、ある指揮者の先生に




「そんな前奏ではみんなが歌えないよ」




と言われてたことがあります。





自分なりに考えて奏でたものだったから、とてもショックだったし、「なんだとーーー」と心の中では少しムッとしていました(正直に)苦笑




でも、人にそう聴こえたらそうなのです。
共演者が心地よくなければ、それはアンサンブルとして成り立たない。




♪♪♪♪♪



ブログに、“合唱のピアノ”に関する記事を書いているからか、ピアノ伴奏のレッスンに関するお問い合わせが特に今年は続きました。




メールでお返事する時もあれば、実際お会いして聞かせていただき、分かることもありました。




伴奏のレッスンをするのは初めてだったけれど、何人か聴かせていただく機会が続き、少しは私のこの経験もどなたかの役に立つのかな、と実感できました。




そして、実は結構悩んでいる方もいらっしゃるのかな、と思いました。





私もまだ現在進行形で、より“いいもの”が奏でられるよう、現場で勉強しながらですが、だからこそ、その悩みが理解できたり、その対策の案(ちょっとしたアドバイス)をご提案できるのかな、と。





ピアノソロと、楽器を奏でることにおいては同じような感じですが




ちょっとした楽譜の読み方(合唱パートを含む解読)
ちょっとした耳の使い方(合唱パートとのバランス)
ちょっとした気遣い(?)




などで、「なんだかうまくいかないな」「なんだかしっくりこない」
が少し、スッキリしてくることがあるのだな、というのを、レッスンしていて思いました。





今後、私もたくさん悩みながら、たくさん指揮者の先生方から勉強しながら、少しでもより音楽の本質に迫れるように精進を重ねていきたいと思います。





熱心な生徒さんから学ぶことは多く、また、一緒に音楽してくださる“共演者”の皆さまに励まされつつ!!





はあ、きっとこうやって一生音楽と向き合うのだろうな〜なんて思ったりしている朝です笑




さて、今日も目白押し。
レッスンやお仕事はもちろん。
クリスマスコンサートに向けてさらいこみ。
来年に向けて譜読みの嵐。
今年の合唱の本番に向けて、煮込み。


がんばります。



最後に合唱のピアノ、伴奏に関する以前の記事。
思い出すためにいくつかピックアップしておきます。
結構熱く語っています。
今も同じ気持ちです。















これは2013年の自分。
ちょっと行間とか読みにくいですが。
この頃から、いや、きっともっと前から、ずっとずっと積み重ねているのだな、と改めて思います。
どんどん悩んだらいいと思います笑
きっと、これからもずっと、悩み続けるのだと思います。
順調に超えられる壁だけではないけれど、挑戦することだけは諦めたくない、そう思います。


b0162238_09412144.jpg

(先日、合唱団の練習に向かう途中の美しい景色)





by chikako-kokachi | 2017-12-07 07:31 | 合唱

Nコン初出演〜小学校音楽の先生の存在。   

サファイヤ&リラの会 ジョイントコンサートに続きまして。
翌週、Nコンに初参加してきました。





小学校の部。





今年2月からお世話になっている小学校。
4月より「合唱団」としての活動が始まったばかりの学校です。
同級生が音楽の先生をしていて、そのご縁でピアノを弾いています。





普段は週1回くらいしかお邪魔できないのですが、Nコン前は出来る限り練習へ。
通常のお仕事、そして続く本番の中での小学校通いは正直、大変でしたが、それでも頑張ってこれたのは。。。






それは、音楽の先生、合唱団指揮者である同級生の熱意です。
彼のこども達、音楽に対する大きな大きな情熱に感銘したからです。






学生時代から、とってもアクティブでポジティブでアツイ同級生でした。
まさか、卒業してこうして一緒に音楽すると思っていませんでした。
時の流れとは、不思議なものです。
そして当時よりさらにパワーアップしていた同級生!!








小学校の音楽の先生。
とても大切な存在だと思います。
音楽への窓口を広げてくれる先生。
音楽の楽しさも大変さも伝えてくれる先生。







あんなに熱心に一生懸命こども達と接して、音楽だけでなく、生活指導面、細かいフォロー、全てにおいて「素晴らしい先生だ」と思いました。







学校の先生ってすごいです。
私は絶対になれない苦笑
また別に書きますが、中学高校の先生になった同級生の学校へも合唱ピアノのお手伝いにいっています。
彼女もホントかっこいいです!!






Nコンの演奏順が早かったので、当日の学校集合は7時15分!!
ですので、その週の練習開始時間はこどもたちの体が慣れるようにと10時から9時になり、8時になっていったのでした。その配慮もさすがだと思いますし、こども達の努力、そして親御さん、サポートしてくださる先生方、多くのお力あってのNコン出演だったわけです。もう一人、とってもかわいい歌のコーチ!ほんと一生懸命で。こどもたちから、沢山愛されていました。







結果は残念でしたが、まだ立ち上がったばかりの合唱団。
いいスタートだったように思います。
他の学校の演奏も聴きました。
とてもとても勉強になりました。
ピアニストさんの演奏も十人十色で、びっくりでした!
こんなにも解釈が違うものなのだと。







正直言ってしまえば、音楽を評価される場所は好きではありません。
それでも、こういう共通の目標があるからこそ、団体の集中力が上がっていくことは否めません。
ただ、彼の求めているところは、もっともっと深いところにあるように思います。








小学校という現場での音楽。
その大切さ。
導く先生の存在の大きさ。
音楽面はもちろんですが、音楽以外の部分でのサポート、気づき。
ものすごい濃い時間でした。






同級生へ、尊敬の念を込めて。


b0162238_18563118.jpg






by chikako-kokachi | 2017-08-08 23:09 | 合唱

同期との本番   

先週末、今週末と文京シビックホールにて開催されている、第71回東京都合唱コンクール。



先週末は中学校の部。
大学時代の友人とその生徒さん達と出演してきました。



大学時代はほとんど接点がなく、大学院に進学してから少しお話するようになりました。その後、卒業してからは風の噂(?)で話に聞いている位だったのですが。昨年、偶然街で再開しました!




びっくり。。
駅で沢山立ち話。笑




そして、今回の共演でした。





夏休みの練習から学校に伺い、合わせを重ねてきました。
友人の学校の先生っぷりは、みごとに“ぴったり”とはまっていて、かっこ良かった!
見えないところで、いろんな気持ちをくんでいて、そういった気遣いというか、全体の空気をよみ、一つの団体を導くその姿は、音楽的なことはもちろんですが、人として、なんというか、さすがだな、と思いました。




ピアノ科出身の指揮者の先生。
その友人をサポートしながら、一緒にこの学校の声つくりを導いていたのも、同期の声楽家さまでした。学生時代はたぶん、ほとんどお話したこともなく。今回、初めて色々とお世話になり、お話しました!




ご縁とは、こうして繋がっているのだな。。と。
学校を卒業しても、こうして偶然の出会いで、またそこから物語が始まって。。。



もう一つ、ご縁という繋がりでいくと。
こちらのお世話になった学校は、私のピアノの恩師のご家族と関係がありました。
世の中、何がどう繋がるかわかりませんね。





生徒ちゃん達は、若さ溢れるパワー!
様々なことを乗り越えて、週末の舞台を迎えていました。
練習の度にぐんぐん成長していくのが良く分かりました。
中学生の頃のこの経験はきっと一生心に残る時間になることと思います。




「舞台に立つ」ということは、非日常の経験。何回機会があっても緊張するもので、その度に自分の弱さとか、至らなさとか、そういったものが露呈されます。技術的なものだけでなく、精神的なところを鍛えていかないといけない、そういつも思います。

何日も前から緊張するし、本番前には緊張からお腹痛くなったり、気持ち悪くなったり、なんだか分からないけど感極まったりetc

でもそれは、その「舞台に立つ」ことに真剣に向かっているからこそ。
中学生があの大ホールで、前を向いて、楽譜を覚えて歌うわけです。
それは、妙なテンションにもなるわけです。笑



それを、今迄一緒に頑張ってきた仲間と乗り越えていく。
そんな貴重な経験、その場にご一緒できたことが、嬉しく思います。







音楽に接するということは、色んな意味で、とても奥深いように思います。(何も音楽だけではありませんが!)






まとめ笑





同期の友人達との記念すべき舞台!!
練習の合間に話すことのできた、仕事、家族、音楽の話。
舞台では、大きな安心感とともに、音楽に身を預ける事ができました。



中学生との初共演!!
もしかしたら、親でもおかしくない年齢になっている自分にもびっくりですが。。。
「かわいい!!」そう思いました。
何より、本番、とてもさわやかな声で立派に歌いきっていました!
みんなも、大人になってまたどこかで偶然友人に再開することがあるのでしょうか?^^



「舞台に立つ」ということは「当たり前」ではない!!
ひとつひとつのステージを大切に。
新鮮な気持ちで、心を込めて向き合っていくこと、あらためて強く思いました。



結果は、金賞。
初めての金賞だったそうです。
演奏後「もうどんな結果でもでもいい。今日の演奏、すっきりした!」
と言っていた友人の顔が忘れられません!
「結果は時の運。まだまだ。」
かっこいい!!
「時の運」
その通りですよね。

b0162238_10554208.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
コンクールでは、沢山のスタッフさん達にお世話になります!
今回は合唱団わをんさんや、明治大学グリークラブの学生さん達にもお会いできました。嬉しく、パワーを頂きました。合唱界は広いようで狭いです。音楽界もしかり。

by chikako-kokachi | 2016-09-13 07:57 | 合唱

♪合唱の週末&初めての落語   

週末は合唱合唱!
b0162238_2125965.jpg

大久保混声合唱団、合宿。
7月17日(日)14時開演@第一生命ホールにて、第40回定期演奏会を開催致します。詳細はまた別にUP致します!(この定期演奏会までに、大久保混声さんは2つの本番があります。詳細はこちらをどうぞ♪)



今年の合宿は八王子ということで(ここ数年は河口湖)、例年より参加者も多く、練習時間も長く!これから本番まで、より近くに音楽を感じ、いいアンサンブルが出来るよう、私も気を引き締めていきたいと思います。



そしておかあさんコーラス東京支部大会!
女声合唱団「楽-GAKU-」さん、そしてT-Pupillaさんと参加致しました。
おかあさんコーラス大会、こんなにおかあさん方の合唱団があって、皆さん様々にあの大きな府中の森芸術劇場(東京都大会)でパフォーマンスが繰り広げられます。毎年思いますが、“おかあさん”のすごいパワーを感じます!これが全国各地で行われるわけですから!



東京支部大会は2週に渡って開催されています。
先週は師匠の団で2つの譜めくりを担当。
踏めくりすとさんとは、本当に大切なお仕事だな。。
と改めて思いました。
ある意味、自分が弾くより緊張します。
側にいて安心してお願いできる方。
誰でもお願いできる訳ではないのです。
ご理解頂けますでしょうか、この気持ち。笑
本当に緊張しました。
が、それ以上に、ピアニストの先生のとてもとても美しいピアノを真近で聴く事ができ、なんとも贅沢で、勉強になりました!!ありがとうございました。
(譜めくりすとさんにつきましても、またブログ記事書きたいと思っています!)


木下牧子さんのトリルに苦戦。。
林光さんのシンプルな美しさの探求。。
学ぶことは山盛りでした。
2週連続のおかあさん大会では、様々にお知り合いのピアニストさんにお会いしました。こうした日にしか会えないので、嬉しかったです。そして、大きなホールで素晴らしいピアノを弾ける喜び。また次に向けて頑張ります。




女声合唱団「楽-GAKU-」さんは11月に演奏会を開催致します!
これもまた別にインフォメーション致します♪





さて、夜は、急遽“寄席”に行ってきました!
浅草演芸場。
b0162238_2175777.jpg

(この日の昼の部は、あの歌丸師匠さんでした。)
落語デビューです。
ある指揮者の先生に“ピアニスト、落語くらい観に行かないとダメだよ。面白いよ”
と言われていました。
そうお声がけ頂いて、初めて行ってみたいと思いました。
やっとその日が。

体も疲れていたので、1時間ほどでしたが、充分楽しむことができました!

声の通り、話すテンポ、話の間、声の色、話のルバート感、人を惹き付ける人間的魅力、etc、様々に音楽と共通するところがあって面白かったです。政治ネタや昔の言葉など、聞き手側にも知識の必要な小話もあるかと思えば、何でもない夫婦の日常だったり。

今度はゆっくり行きたいです!

なんせ初めてでしたので、どのようにチケットを買うのかも分からず、演芸場に電話してしまいました。出入りは自由(途中退席、再入場は不可)、時間が許せば、昼の部、夜の部ともに長時間、1枚のチケットで楽しむことができます。落語ばかりでなく、三味線の演奏や踊りまで観ることができました。また、私は退室してしまいましたが、その日はマジックや、漫才などもありました。

客席は笑いに溢れ、皆さん自由にそれぞれの時間を楽しんでいるように思えました。所謂クラシックコンサートとはまた違った雰囲気。でも、こんな雰囲気のコンサート、理想的かもしれません。演奏、トーク、衣装、会場の感じ、もちろんプログラム。コンサート企画に、色んな工夫が出来る、そう妄想させて頂けた、そんな“初めての落語”でした。
b0162238_218236.jpg



随分日が長くなりましたね。
関東も梅雨入りのようですね。
早速今日も合唱、そしてレッスンと続きました。
エンジンを蓄えて、また一週間、音楽でいっぱいです!
b0162238_21101762.jpg

by chikako-kokachi | 2016-06-06 23:33 | 合唱

親子で合唱団♪〜子どもさんの音楽環境   

最近、ある合唱団の練習に、あかちゃんやお子さんが参加?しております!
とっても癒されます。





時代は変わっているのだなーと思います。
お父さんとお母さん、協力体制での子育て。
一生懸命歌っている親御さんの姿をみて、こどもさんはどんな想いなのでしょう?




お子さんが自然に音楽に触れている。
そんな環境。
歌が身近になっているお子さん^^
生活に歌が、音楽があるのが普通になっているのだろうなーと感じます。








(思えばうちの母も良く家で鼻歌?歌っていたなー
よくラジオやレコードで母の好きな歌が流れていたなーー)





指導の先生をはじめ、団の皆さんが微笑ましく見守っていらっしゃることがまたあったかいです。













子どもは大人を良くみていますよね。
小さな頃に、音楽が身近に感じられる環境。
きっと大きな財産になっていくことと思います。





親御さんの音楽愛。
子どもさんも、知らず知らずに音楽ラブになっているのかな?
だとしたら、先生の音楽愛だって生徒さんに伝わるはず!!







音楽ラヴのちょっぴり?変な先生がいた。
いつかそう思ってもらえたら本望です。




子どもさんの音楽環境。
まだお子さんが小さい場合は特に、環境に触れさせてあげることが大事なのだな、ということを感じた出来事でした。

by chikako-kokachi | 2016-05-25 23:50 | 合唱

【動画】ピアノをひくひと   

昨年末に開催された白浜坂高校音楽祭での“合唱団わをん”さんとの音源がYou Tubeに公開されています♪

特にこの“ピアノをひくひと”という作品は、合唱をなさらないピアノ弾きの方でも興味深く聴いて頂けることと思います。

ベートーベンのピアノソナタ第8番Op.13「悲愴」2楽章がピアノパートに。

♪ピアノをひくひと 
谷川俊太郎 作詩/信長貴富 作曲
三好草平 指揮/村田智佳子 ピアノ
合唱団わをん

谷川さんは、この「ピアノをひくひと」の詞を、グレングールドの弾く、モーツァルトのソナタ幻想曲ニ長調K.397にショックを受けて書き上げたそうです。(こちらの記事参考)

谷川さんがグレングールの演奏するモーツァルトのピアノソナタに影響を受け書き上げた作品。それに対して、信長さんはベートーベンのピアノソナタより、そのモチーフをピアノパートへ。

この“輪”が素敵だな、と思いました。
そして詞の一部。

ピアノをひくひとは
おととおとのあいだで
いきをつめてまっていた

(念の為すべてひらがなにしています)

ここ、大好きです。。。
ピアノ弾きの気持ち。。。

合唱をあまり聴いたことのない方でも、楽しんでいただけるのかな、と思います♪
もし宜しければ^^



合唱関係の皆様へは、さらに下に3曲リンクしておきます!
♪猫のボブ
長田弘 作詩/魚路恭子 作曲
三好草平 指揮/村田智佳子 ピアノ
合唱団わをん

こちらは“わをんプロジェクト”の第1弾!初演曲です。
猫がいっぱいです。
詞の内容は、シリアスです。
ピアノバリバリです笑

♪川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」 より 天使 新実徳英 作曲
田中達也 指揮/村田智佳子 ピアノ
合唱団わをん

こちらは説明いらないですね。
新実先生の音楽が美しい。。。

♪I can tell the world
Spiritual/Moses Hogan 編曲
原田敬大 指揮
合唱団わをん

そして黒人霊歌。
難しかったです、歌うのが笑

by chikako-kokachi | 2016-03-16 07:04 | 合唱

東京マラソン2016 with 混声合唱隊Neo TOKYOの皆様♪   

今年も東京マラソンにて、混声合唱隊Neo TOKYOの皆様と路上応援!!
b0162238_17583732.jpg

今年はお天気も良く、気持ち良かったです!
年に1度の野外演奏。
風に楽譜が飛ばされないよう、団員さんが様々なグッツを持ってきてくれました!
野外の本番は気分がウキウキ。
全6曲、ネオの皆さんの元気な声が響きわたっていました!
みんな楽しそう。
b0162238_1811986.jpg


今年も先頭集団?の通過中に演奏。
テレビの車や沿道の盛り上がりで、その瞬間を肌で感じることは出来ましたが、弾いていたので見ることができませんでした笑。ヘリコプターも来ていました!
b0162238_1831464.jpg

お祭りですね♪

混声合唱隊Neo-TOKYOは今年10月30日(日)に創立15周年の記念演奏会を開催致します♪
また告知させて頂きますがこちらがHPからの情報です。
練習では「あーーみなさん、本当に歌がお好きなのだなーー!!」と、弾いていて、ひしひしその想いを感じます。元気を頂いています!!どうぞ遊びにいらしてください♪

おまけは今年の初桜!!
もう芽吹いていました。
春はそこですね。
b0162238_184581.jpg

by chikako-kokachi | 2016-02-29 18:09 | 合唱

勉強会、発声と筋肉のメカニズム   

b0162238_9404057.jpg
いつもお世話になっている辻志朗先生のいくつかの合唱団が集まり、大宮ソニックシティで、志朗組の勉強会が行われました。

それぞれの団の演奏披露の他、とても興味深い時間がありました。
「発声と筋肉のメカニズム」

声を出す前の筋肉、姿勢の準備。
歌を歌うときに必要な筋肉の構造、その繋がりの意識。

基本中の基本、足を地により密着感を持って立つ為のストレッチ。
先生の導きに沿って、ぞうきん絞りのように足をしぼったら、なんと不思議!
足の末端まで血が巡る感じ。
足の指を1本1本開いてほぐすと、あら不思議!
立ったときの密着感がさらに強くなる。

座るときはどこを意識したらいいのか。
胸の筋肉のストレッチ。
首のストレッチ。

びっくりしたのは耳!
耳をほぐすと体があったまるのです!
耳を普段触る機会ってそんなになかったので新鮮でした。


歌を歌う時、声を出すのにこれだけの筋肉を使って、これだけのメカニズムがある。


ということはピアノを弾くときも。。
よく脱力、脱力、と言われますが、それもメカニックに説明してもらえたらもっと分かりやすくなるのではないかな、とか。
ピアノを弾くにはどこの筋肉が必要で、どこの筋肉が必要ではないのか、そういうのを教えてもらったらより美しい音が鳴るのではないか、とか。

色々と考えたわけでございます。
出会えた先生方との繋がりを大事に、いつかピアノを弾く為の筋肉のメカニズム、教えて頂けたらと妄想しております!笑

全てが繋がっている。
そんな気がしています。

by chikako-kokachi | 2016-02-13 01:39 | 合唱

合唱のお祭り!東京都合唱祭2015♪   

3連休、毎日新宿文化センターに通いました!
b0162238_10283495.jpg

5日間に渡って開催された東京都合唱祭!
その2週目のこの3連休は、梅雨が明け、猛暑!
そんな暑さに負けないくらい、アツイ演奏が続いていました!

3日間、沢山の合唱団の演奏を聴きました。
本当に様々な合唱団があり、お若い方からご年配の方まで、クラシカルなプログラムもあれば、アニメソング、ゲームソング、ポップスあり。アカペラにピアノ付きに、その他の楽器に、踊りに衣装に、、、本当に楽しい時間でした!!

こんなに音楽を楽しんでいらっしゃる方がたくさん!!
素晴らしいことです。

女声合唱「楽-GAKU-」さんとはお揃いの真っ赤なふんわりスカートで出場♡我らの指揮者先生は鮮やか緑のパンツ!!あたたかな、力強い母の歌。可愛らしい歌にキュートなポーズ!詩も音楽も素敵な曲集でした!

合唱団「わをん」さんとのステージ。第7期の皆さんと、この2曲をご一緒できて幸せでした。1曲目の「ぼくがここに」(←音源です!)は初演(アカペラ)。作曲者の仁平秋弘さんも歌ってらっしゃいました。詩と音楽のマッチした感じが一気に会場を「わをん」の世界に、色に染めていたように思います。2曲目の「ピアノをひくひと」(音源です!)。素晴らしい曲です。ピアノ弾きとして想いが強いので、別記事にまた挙げさせて頂きますね。「ピアノをひくひと」の「ピアノをひくひと」になれて本当に幸せでした。

混声合唱隊Neo-TOKYOさんとのステージ。歌にのせられてピアノが踊りました笑。特に2曲目の「HEIWAの鐘」は、ここ最近のニュース等、考えさせられることの多いなかでの舞台。自由に音楽を楽しむことのできる平和な世の中であって欲しい。そんな想いが強く込められていたように思います。ネオの皆さんの息がぴったり揃っていました!!

3日間、多くの皆さんにお会いできました!
毎日会っていた方もいました笑
音楽は素晴らしい。合唱って元気になります。

生きていたら皆それぞれ色んなことがあるけれど、でも、こうして仲間と音楽に向き合って、真剣に、且つ、笑って過ごせる時間がある、これはすごいことだと思うのです!
多くの笑顔を拝見しながら、そんな風に思っている自分がいました笑
そういう時間をより充実して過ごして頂く為に、ピアノを弾く私に微力ながらもっと出来ることがないか、常に探していきたいと思うのです。


さて、録音をまとめてききました。
ピアノ的な反省部分もあったり、現実に戻った朝ですが。。
もう既に今週土曜日に向けて気持ちが切り替わっております!!


男声合唱!!
終わりのないうた。


いろんなところへ行ってきて
いろんな夢を見ておいで
そして最後に
君のそばで会おう
(銀色夏生さんの詩より一部)



お時間ございましたら是非、遊びにいらしてください♪
詳細はこちら
大好きな駿河台俱楽部の皆さんと、大好きなこの曲を演奏できること、幸せに思います。あとは皆さんと音楽に寄り添って会場にお届けするのみ。どこまで寄り添えるか、挑戦します!!

by chikako-kokachi | 2015-07-23 08:26 | 合唱

♪混声合唱曲「鼓動」   

合唱集団〜宴〜第3回演奏会(←以前のブログより詳細)でのアンコールピース、「鼓動」の初演演奏がYou tubeにアップされました。

混声合唱曲「鼓動」
作詞 田中佐知
作曲 森山至貴

合唱 合唱集団〜宴〜
指揮 長尾康世
ピアノ 村田智佳子


とても爽やか声で、歌い手の皆さんの曲に対する愛情を音源でも感じることが出来ます。「熱」が「想い」が伝わります。

田中さんの詩が力強く、森山さんの流れるように美しい旋律が、その言葉のパワーに寄り添っています。

こちらからどうぞ!

by chikako-kokachi | 2015-07-14 12:30 | 合唱