カテゴリ:*コンサート情報*( 7 )   

ロシア音楽番組「まきことちかこのヒミツのロシア♪」第3回 チャイコフスキー「四季」〜チャイコフスキーは本当にロシアがお好き?〜   

ひみつのロシア!

第3弾です!





b0162238_17435555.jpg


3回目となります、今年度のシリーズ最後のテーマはチャイコフスキーのピアノ曲「四季」。









チャイコフスキーは本当にロシアがお好き?というサブタイトル。









「四季」を1月から12月まで、2人で協力しあいながら全曲演奏に挑戦です。










全曲演奏の機会、まきちゃんの興味深いチャイコフスキー、ロシアのお話、休憩時間に美味しい軽食とグルジアワイン(ノンアルコールもあります)を食したれば、ロシアに行きたくなるかもしれません!(笑)










四季、大好きな作品です。

シンプルに聴こえますが、弾き手としては考えることが沢山で苦戦しながら。メロディが美しい。









まきこ先生は、今回、「私たちの体感したロシアの気候や思い出から、どう演奏すると良いか」というお話を計画しているそうです。私も原稿を楽しみに、そしてロシアの世界にどっぷりつかれる時間を楽しみに準備してまいります。








今回の会場は六本木シンフォニーサロン(第1回目と同じです)。照明の感じとか、会場のサイズとか、今回の企画にぴったりだな、と思っています。








2月16日(金)19時より。

しっとりとした(?)ロシアの夕べとなることと思います。もしご興味ございましたらご連絡いただけたらと思います^ ^







Krugmuzyki@gmail.com



※もちろん、直接コンタクトいただいても大丈夫です。

どうぞよろしくお願いいたします!






b0162238_17472770.jpg
こちらが六本木シンフォニーサロン。
(第1回目より)




b0162238_17481786.jpg
第2回目の会場、渋谷ラトリエ。
軽食コーナー♪




b0162238_17491503.jpg

b0162238_17491774.jpg
第1回目はグルジアワイン。
第2回目はウォッカも登場。
3回目は?!?!




b0162238_17505573.jpg

b0162238_17510565.jpg




ここまで書いて、第2回目のコンサートレポートを書いていなかったことに気がつきました。。。(なんと)




書き上がるまで、第2回目より、この2枚の写真を上げておきます!




来年度の企画3本も決まりました。
(チラシ記載)
続けることはとっても大変です。
でも大好きなロシアを少しでもご紹介していけるよう、継続できるよう、今後ますますロシアの音楽が浸透していきますよう。
できる限りやってみます。





どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m






♪♪♪♪♪♪♪


関連ブログ




なぜこの企画が始まったか?



第1回目の様子



第2回目の内容

by chikako-kokachi | 2018-01-11 17:42 | *コンサート情報*

【コンサート】小泉耕平・村田智佳子ピアノデュオリサイタルvol.3 〜東欧より新天地へ 躍動する舞にのせて〜   

b0162238_12101654.jpg
b0162238_12103642.jpg




2年半ぶりくらいになります。
音大時代の同級生ピアニスト小泉耕平さん3回目となるリサイタルを行います。
会場はいつものルーテル市ヶ谷ホール。







今回は「東欧から新展地(アメリカ)へ」ということで、舞曲を中心に繋いでいこうと思います。





連弾はもちろん、それぞれのソロも。

今回はこの曲しかない、とお互い即決でした。

(小泉くんはバルトーク、私はスクリャービン)

そしてラジオで活躍する小泉くん。

トークももちろんあります!

和やかに進めていけたらと思っています。





今回は有名な曲もちょっぴり入れつつ、初めて聴いていただいても、きっと「おしゃれだわ〜!」と思っていただける選曲してみました。

終わった後には、ほろ酔い気分で帰っていただけるよう、あと2ヶ月強、できることをがんばってまいります。





チケット購入は直接ご連絡いただけたら手配いたします。

こちらより♪

また、下記チケット取り扱いページより購入可能です。




お時間ございましたら、どうぞよろしくお願いいたします!



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


小泉耕平・村田智佳子ピアノデュオリサイタルvol.3

〜東欧より新天地へ 躍動する舞にのせて〜


日時】2018年3月4日(日) 1700開場 1730開演
【会場】ルーテル市ヶ谷ホール

【チケット】
全席自由(一般):3,000円
全席自由(高校生以下):2,000円
当日券:3,500円

【プログラム】
ドヴォルザーク スラブ舞曲より(連弾)
ブラームス ハンガリー舞曲より(連弾)
バルトーク 15のハンガリー農民の歌(ソロ)
ドホナーニ ワルツop.3(連弾)
スクリャービン ソナタ2番 (ソロ)
バーバー スヴィニール(連弾)
ピアソラ アレグロ・タンカービレ(連弾)

※都合により、曲目が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【お問い合わせ】
090-5828-2235
m.garmonia@gmail.com



by chikako-kokachi | 2018-01-03 12:18 | *コンサート情報*

♪今度の日曜日は!明治大学グリークラブ第55回定期演奏会   

b0162238_12575127.jpg


またまたお久しぶりです!
10月から続く本番、なんとかここまできました。
ご報告も兼ねてお写真もアップしたいのですが。。ままならずすみません!
(きっと年末年始に!)


さて、今月は大学生の皆さんとの共演が続きます。
その間に保育園での楽しみなコンサートもあります。
そして宇野先生の関係のコンサートが大阪であります。



なんとか年末まで集中して、健康に気をつけてまいりたいと思います。
密度の濃い時間が続いているため、2ヶ月の間で、1年分くらい学んでいるような気がします。



密度が濃い分、色んなことが起こります。
その分学びの密度も濃く。



ピアノを弾くこと、音楽に関することももちろんですが、その他の場面でもここに書きたい気づきがいっぱいです。なかなか両立ができないのですが、年末年始のブログでまとめていきたいと思います。同じ様に悩んでいる方の参考になったらな、という思いです。



でも今は弾くことに集中します!!笑





まずは今度の日曜日、12月4日
明治大学グリークラブの皆さんと共演させて頂きます!




※詳細はこちらの明治大学グリークラブHPより




第2ステージと第3ステージでご一緒します。


第2ステージは、明グリの常任指揮者でいらっしゃる佐藤賢太郎さん(Ken-Pさん)の編曲ステージ『幸せを確かめたくて』【委嘱初演】です。

学生さん達が、恋の歌を歌いたい!とのことで、槇原敬之(まっきー)の作品から4曲、ケンピーさんが編曲されています。

『幸せを確かめたくて』
切ない想いが伝わってきたり、大切な想いが伝わってきたり、なんだか優しいです。
男声合唱、明グリならではのサウンドです。

幸せを確かめずにはいられないほど、不安な気持ちなのでしょうか。
それとも、幸せを確かめたくてしょうがないくらい“幸せ”なのでしょうか。
両方でしょうか?
ご想像にお任せいたします。

この曲を練習していて“恋心”はいつだって忘れてはいけない、と思いました笑
練習の録音を聴いても、どうしてもピアノだけ“現実的”なんです。。
もっと歌を包み込まないといけないのに。。
あの“切なさ”“あったかさ”、出会って1年目の頃とか(笑)
そういう“恋心”を取り戻していきたいと思います。
みんなの純粋な(?)心を邪魔しないように。。

それにしてもマッキーの曲は、女心が分かっていらっしゃる。
久しぶりに“キュン”としたいアナタにお薦めのステージです笑




第3ステージは男声合唱のためのカンタータ「土の歌」

雰囲気がガラッと変わります。
これは皆さんよくご存知の“大地讃頌”が終曲であります、7曲の組曲です。
“大地讃頌”が組曲の中の1曲だとご存知でしたでしょうか?
少なくとも私、中学校の頃は知りませんでした。
1曲目からきて、最後にこの“大地讃頌”が演奏されると、この曲1曲で聴く印象と、全く違った感覚になると思います。

特に6曲目「地上の祈り」から終曲「大地讃頌」への繋がりが私は好きです。
あの短い前奏をどう弾こうか、考えます。
壮大な曲達。テーマも壮大ですから。
そのスケールの大きさに演奏していると、ある意味多くのエネルギーを吸い取られます。
第2ステージとは違った魅力があります。


第1ステージは学生指揮者、石津さんのステージ。
第4ステージは客演指揮者として当間修一先生をお迎えしたステージです。


1ステ、4ステは私もまだ聴いた事がないので、当日が楽しみです。
両ステージともアカペラです。




この日、多くの演奏会が重なります。
もう合唱界の方々は、お出かけ先が決まっていることと思いますが!
合唱のコンサートに行ったことのない皆様にも、2ステの“まっきー“のステージは楽しんで頂ける事と思います。「大地讃頌」がどんな組曲の終曲になっているのか、お聴きになってみるのも面白いことと思います。



4年生の皆さんは、私が初めて明治グリークラブと共演させていただいたステージの時に1年生でした。あっという間に3年は経っているということです。。
みんなにとって思い出深いステージになるよう、私も少しでも協力できたらという思いです。


いい音楽をみんなと作りたい。
あと2日、弾きこもります。
まだまだやれることがある。

お時間ありましたら、どうぞ遊びにいらしてください♪
よろしければ直接私にご連絡ください!
どうぞよろしくお願い致します!!


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


2016年12月4日(日)開場15:30 開演16:00
@杉並公会堂大ホール(荻窪駅北口より徒歩7分)


【チケット】
前売り券1500円 / 当日券2000円(全席自由)
※当日券の販売は13:30より。
※直接私にメッセージいただいても大丈夫です。

【PROGRAM】
1ステージ 男声合唱組曲「在りし日の歌」
(作詩:中原中也 作曲:多田武彦)
指揮:石津理羽(学生)

2ステージ 佐藤賢太郎編曲ステージ『幸せを確かめたくて』【委嘱初演】
1.SPY
2.雷が鳴る前に
3.どうしようもない僕に天使が降りてきた
4.今年の冬
(作詞、作曲:槇原敬之 / 編曲:佐藤賢太郎/Ken-P)
指揮:木村瑞希(学生) ピアノ:村田智佳子(客演)

3ステージ 男声合唱のためのカンタータ「土の歌」
(作詩:大木惇夫 作曲:佐藤眞)
指揮:佐藤賢太郎/Ken-P ピアノ:村田智佳子(客演)

4ステージ 男声合唱のための「どちりなきりしたん」
(作曲:千原英喜)
指揮:当間修一(客演)




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
プライベートでは一つお姉さんになりました!笑
結婚して満3年を迎え、4年目に入りました。
それもこれも、家族の支えと、ご一緒してくださっている皆様のお陰様です。


いろんなことがあるけれど、信じた道を、失敗したり凹んだりしながら、それでも前を向いて進んでいけたらと思います。夏以降、変わっていくものが多くありました。時の流れとともに、変わらないものと変わっていくもの。それらをしっかり受け入れて、今を精一杯生きていこうと思います。


せっかく父や母からいただいた命です!
いくつになってもへんな子ですが笑
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!
b0162238_13182900.jpg


by chikako-kokachi | 2016-12-02 07:56 | *コンサート情報*

明日は!女声合唱「楽-GAKU-」2nd. Concert♪   

b0162238_11831100.jpg

明日は女声合唱「楽-GAKU-」の2nd. Concertです♪



日時:2016年11月23日(水・祝)
1330開場/1400開演
場所:杜のホールはしもと
(JR横浜線・相模線、京王相模線「橋本駅」北口『ミウィ橋本』7階)
入場料:1,000円(全席自由)



※演奏曲目等の詳細はこちらのHPより


毎週水曜日にお世話になっている楽-GAKU-さん!もう7年目くらいになるでしょうか。。留学から帰国して数ヶ月後より、楽-GAKU-さんの立ち上げと共にお世話になっています。


皆さんあっかるく!!そしてとても優しいです。さらになんだか凛とした女性の“強さ”みたいなものも感じます。娘のように?妹のように?大切にしてくださいます。まだまだ至らぬ私を暖かく見守ってくださいます。


ほぼ毎週お会いできるので、週1回帰るおうちのような場所です。
ファーストコンサートでは多大なご迷惑をおかけしてしまったので、、、今回、このセカンドコンサートでご一緒できるのが、心から楽しみです。

いつも元気を頂いている分、少しづつでも恩返ししていきたいです。
凛とした、きらきらと明るい女声合唱、どうぞお楽しみ頂けたら嬉しいです♪
我らが指揮者は辻秀幸先生です。


先週はホールリハーサルを行いました。
b0162238_11202107.jpg

とっても素敵なホール!
体調も整えて、今度こそ、皆さんと。
GAKUの皆様、どうぞ宜しくお願いいたします!!


お時間ございましたら、どうぞ遊びにいらしてください♪
橋本は、新宿から準特急に乗ると40分くらいです。
(横浜からも1本です!)
ホールは駅近く。
雨が降っても、それほど(?)ぬれない距離です笑

by chikako-kokachi | 2016-11-22 08:18 | *コンサート情報*

♪東京国際ピアノフェスティバル   

東京国際ピアノ協会(TIPA)という協会が設立されたそうです。(2016年4月)




協会最高顧問はピアニスト、ペーテル・ヤブロンスキー氏





下記、TIPA芸術監督であるピアニスト井尻愛紗さんのお言葉の抜粋です。
(全文はこちらです)





人生も、音楽も、一度だけ描かれる素敵な旅!その旅路を歩み、心を音で綴り、演奏者も観衆も、「世界でたった一つの芸術」を共に分かち合える”国際空港”を作りたい。そんな思いを込めて、この 『東京国際ピアノフェスティバル』が誕生した。





頂いたご案内によりますと、






協会のコンセプトを




未来に生きるピアニストたち一人一人が、世界でたった一人のアーティストへ!文化に触れ、心を音で綴り、芸術を共に分かち合う「音の国際空港」






とし、






毎年のフェスティバル開催を掲げ、新しいコンクールの設立、合宿形式でのマスタークラス、室内楽を経験していく場の提供など、未来の音楽家、子供達に、より刺激的で、かつ音楽経験において重要なチャンスを沢山企画していきたい






とのことでした。







こうした教育プロジェクトの幕開けとして、「第1東京国際ピアノフェスティバル」が開催されます。フェスティバルのイベント詳細はこちらにございます。

b0162238_145092.jpg




10月8日(土)には東京、紀尾井ホールにて、第1回 東京国際ピアノフェスティバル オープニング・ガラ・コンサート&マスタークラスが開催されます。





こちらのフェスティバルにて、16時より、こちらのブログでもファンが沢山いらっしゃる、奥井紫麻ちゃんも出演致します!




「キッズコンサート」とありますが
紫麻ちゃんのプログラムは、ショパンのバラード3番、リストのタランテラ他。






フェスティバルの第1部はヤブロンスキーさんの公開マスタークラスが14時に始まり、その後16時より奥井紫麻ちゃん(小学6年生)と、麻田呼幸ちゃん(ロンドンでも研鑽をつんでいる小学5年生)の二人で1時間ほどのコンサートが開催されます。




※1部のチケットはこちらより





第2部はこの協会の最高顧問でいらっしゃるペーター・ヤブロンスキーさんと音楽監督でいらっしゃる井尻愛紗さんのコンサート。




※2部のチケットはこちらより





日本の子供達のピアノ教育に、また新たな風が吹きそうですね。
紫麻ちゃんの日本での演奏、どうぞお楽しみください♪

by chikako-kokachi | 2016-09-25 08:01 | *コンサート情報*

「枠」を超える〜コンサートのご案内など   

ピアノを習い始めた時、「クラシックピアノ」を習う、という枠を感じていただろうか?




私は4歳だったので、全くそんな意識はなく。(笑、あたりまえ)




いつから「クラシック」という枠の中にいたのかなーと思い返します。




音楽大学を受験する時は、「クラシック」でしたから、その頃には、「クラシック音楽」を勉強している、という感覚になっていたと思います。





基本は「クラシック」




でも、小学校の頃は、母の好きな谷村新司さんの曲を弾いたり、学校では合唱の伴奏で日本の歌に触れたり、ポップスの曲で遊んでみたり、演歌を弾いてみたり、大学生になってからは居酒屋さんでピアノを弾くバイトをしていたので、少し前の映画音楽やジャズのリクエスト、もちろん流行のポップスやビートルズだって、様々な「クラシック」以外の音楽に触れてきました。




どうしても、音大にいくと「クラシック」一色になりがちな生活が、そうしたアルバイトのおかげで、週1回、解放されたような気持ちになっていたのを覚えています。





留学してからも、ほぼ「クラシック」一色でしたが、ラテン系のルームメイトが、とてもセンスよいボサノヴァを、例えば料理中などにかけてくれました。また、素晴らしく味のあるギターの音楽とか、リズム感の鍛えられそうなサルサの音楽とか、そんなものも聴かせてくれました。






「枠」を超えて、好きな音楽は好き。





ショパンももちろん好き、スクリャービンのピアノ曲の世界には、不思議な魅力を感じる。でもフラメンコのギターの声だってたまらないし、ポップスの曲も「いいな」と思う楽曲はいつ聴いても心に響く。ジャズのビートの心地よさ、即興的ワクワク感に体がうずくし、クセのあるブルースの歌い回しにドキッとすることもある。






いいものはいい!!





何か、クラシックの世界にいると、それ以外の魅力を別の部屋に閉じ込めようとする傾向も見受けられるけれど、そんなこと全くなくて、「枠」などは取っ払って、いいものはいい!!と思うわけです。






生徒さんの選曲も、いろんなサウンドの曲に触れてもらいたいな、という思いを持っています。少しジャジーな曲もいいではないか!(もちろん時期をみますが)メンデルスゾーンやショパンの美しさも、プロコフィエフやショスタコーヴィチの面白さも。





こうした「枠」を超えた音楽を感じる力が、とても大事だな、というのは、合唱の伴奏などをしていると特に思います。




どんな曲の特徴も掴んでいかないといけない。
クラシカルなものも。
教会音楽のようなものも。
もちろんポップスだってジャズの香りだって。
タンゴの曲だってあるし。
ザ、合唱の正統派もある。




9月から12月まで、合唱の本番が続きます!
そしてポップなコンサートにもお邪魔いたします!




10月、11月分のチラシが手元にあるもの、下記にまとめてみました。ご興味ございますものがありましたら是非お越しください♪



「枠」を超えて学んだことが、自分の引き出しになっている実感があります。
しばらくは、こうして様々なところから吸収していきたい。
それぞれの音楽にしっかり向き合っていきたい。
色々やるのは時間もかかるし、体力もいるけれど、たぶん今できることがそれ。
存分に吸収していこうと思います。





ではでは!
よろしくお願いいたします♪








お日にち順に!







♪こまきとみゆき5周年記念 
僕らの「存在意義」ライブ
~こまみゆ5周年記念~

b0162238_13311896.jpg

2016年10月15日(土)16:30開場 17:00start開演
会場:SARAVAH東京(渋谷)
渋谷駅徒歩10分(Bunkamura/東急本店の隣)
住所:東京都渋谷区松濤1丁目29-1渋谷クロスロードビルB1
TEL:03-6427-8886

前売り3000円(1ドリンク付き)
当日3500円(1ドリンク付き)

ゲスト:村田智佳子(ピアニスト)


♡こまきさんこと、栗原寛さん。みゆきさんこと、島林深雪さん。
二人のデュオ名が「こまきとみゆき」。略して「こまみゆ」。
結婚式でも演奏していただきました。
ふたりの柔らかい声が心地よいです。
ピアノやギターと共に。
ふたりの歌に触れていると、ただただあったかい気持ちになります。

くりちゃんとは20歳すぎからのお付き合い。
(もう何年だ。。)
合唱指揮、歌人(短歌、合唱曲の作詞など)さらにピアノを弾いたり、踊ったり歌ったり、役者さんだったり、舞台衣装も素敵です!なんでもできちゃうくりちゃん。
そのお人柄が分かる記事がこちらです!
こまみゆでは、うたやピアノを担当しています。

みゆきさんとは合唱団で知り合いました。
(たぶん)
声が綺麗で、それと同じくらい心が純真だな、と私は思っています(㊙)
くりちゃんの短歌にみゆきさんが曲をつけている月刊シリーズがあります。
作曲し、ギターを弾き、歌い、最近では役者デビューもされています。

私はくりちゃんと、連弾で出演させていただきます♪
連弾はとてもノリノリな曲達です。
いつもと違う筋肉を使うような気がしています。笑
そして、もしかしたら3人でも演奏しちゃうかもしれません。。。


どうぞお時間ございましたら、二人のあったかいデュオを聴きにいらしてください♪
5周年の二人にどうぞ応援、宜しくお願いいたします!


【お申し込みはこちらFBのメッセージより】
※もちろん私に直接でも大丈夫です。→コンタクト







♪混声合唱隊Neo-TOKYO
 創立15周年記念演奏会


b0162238_13324549.jpg

(写真は演奏会特設HPより)


日時:2016年10月30日(日) 開場/16:30 開演/17:00
会場:北とぴあ つつじホール
(JR京浜東北線・東京メトロ南北線王子駅徒歩2分)
入場料:1,000円(全席自由)
ピアノ:村田智佳子
友情出演:ピーターパン
後援・協賛:JCDA日本合唱指揮者協会
演目:気球にのってどこまでも COSMOS
エトピリカ 明日に渡れ 樹氷の街 ほか多数



♡私は合唱で育ちました。
小学校の頃、市内音楽会の大舞台でピアノの伴奏をしたこと、そこから合唱との付き合いが始まっているように思います。地元の少年少女合唱団にも入っていました。そこで出会った先生方と、今一緒にお仕事したり、様々に繋がっています。とても楽しい時間でした。中学高校でも、合唱に関わっていました。

小学校、中学校と、学校の合唱祭の伴奏、してきましたが、全ての弾きたい曲を弾けていたわけではありません。歌も歌いたかったので、それはそれで良し!でしたが。

まさか大人になってから、こんなにクラス合唱を弾くことができるなんて、思っていませんでした笑。今、Neo-TOKYOの皆さんと一緒に、多くのクラス合唱のピアノ伴奏を弾いています!もうお世話になって6年くらいになるのかな。。

5年に一回の記念演奏会です!
お父様お母様にも懐かしいクラス合唱。
もちろん現役小学生、中学生にも楽しいステージとなっています。

毎週指導の高嶺先生が笑顔でバシッと練習してくださり、本番は指揮者がいらっしゃいません。(ピアノ担当としては、本番後に首が痛くならないか、少し心配です笑)
皆さんの声が、曲の持つメッセージが、より客席まで届くことと思います。

どうぞ親子でお楽しみください♪
もちろんお一人だって、仲間とだってお楽しみいただけます。
ご来場、お待ちしております!


※詳細や【チケットお申し込み】はこちらの演奏会特設ホームーページより!

もちろん私に直接でも大丈夫です。→コンタクト





♪ 女声合唱団「楽-GAKU-」2nd. Concert

b0162238_13484293.jpg


日時:2016年11月23日(水・祝)1330開場/1400開演
場所:杜のホールはしもと
(JR横浜線・相模線、京王相模線「橋本駅」北口『ミウィ橋本』7階)
入場料:1,000円(全席自由)


※演奏曲目等の詳細はこちらのHPより


♡毎週水曜日にお世話になっているおかあさんコーラス団体、楽-GAKU-さん!もうお世話になって、7年目くらいになるでしょうか。。留学から帰国して数ヶ月後より、楽-GAKU-さんの立ち上げと共にお世話になっています。


皆さんあっかるく!!そしてとても優しいです。さらになんだか凛とした女性の“強さ”みたいなものも感じます。娘のように?妹のように?大切にしてくださいます。まだまだ至らぬ私を暖かく見守ってくださいます。

ほぼ毎週あえるので、週1回帰るおうちのような場所です。
ファーストコンサートでは多大なご迷惑をおかけしてしまったので、今回、このセカンドコンサートでご一緒できるのが、心からこころから楽しみです。

いつも元気を頂いている分、少しづつでも恩返ししていきたいです。
凛とした、きらきらと明るい女声合唱、どうぞお楽しみ頂けたら嬉しいです♪
我らが指揮者は辻秀幸先生です。


※【チケットお申し込み】は私に直接どうぞ!
→コンタクト



まずは11月まで。
また12月はご報告させていただきます!

by chikako-kokachi | 2016-09-19 07:44 | *コンサート情報*

BS-TBS「日本名曲アルバム」   

BS-TBSで毎週金曜日夜10時に放送中の
「日本名曲アルバム」に明治グリークラブの皆さんと出演致します。
b0162238_02523.jpg

放送は10/25, 11/1の2週連続の予定。
どうなっているのか、少し不安で、だいぶ恥ずかしいのですが(汗)もしお時間ございましたら、ご視聴くださいませ♪

BS-TBS「日本名曲アルバム」
【放送予定日】10/25, 11/1(金) 夜10時より

【合 唱】明治大学グリークラブ、東京ユースクワイア
【ピアノ】村田智佳子(明治)、前田勝則(東京ユース)
【指 揮】宮城太一(明治)、田中豊輝(東京ユース)

b0162238_2354834.jpg
収録日は本当に大変な1日でした。終わって数日は、魂がふぬけのようでした。明治グリーの皆様も本当に体力勝負の1日だったことと思います。通常練習をこなして、それにプラスのこの収録に向けてのスケジュール。そんな忙しい日々のなかで、この短期間にあれだけの曲数を暗譜。緊張のなかでの収録。その気力に大きな拍手です!!

どうなっていることやら!!笑
選曲はとっても楽しいプログラムです。
どうぞお楽しみに!

by chikako-kokachi | 2013-10-11 13:06 | *コンサート情報*