Information♪   

当ブログへのご訪問ありがとうございます♪ 智佳子

b0162238_1361257.jpg

☆コンサート等のご案内☆
♪2019年5月19日(日)19:00開演 / 20:15頃終演予定
合唱集団~宴~Special Concert
@横浜みなとみらいホール 小ホール


Main stage:混声合唱とピアノのための『サクリファイス』
(作詩 森山恵 / 作曲 森山至貴)指揮:長尾 康世 ピアノ:村田智佳子


※2018年9月30日に行われた演奏会の再演です。この日は台風のため予定していた全てのお客様にお越しいただけませんでした。新しく生まれた「サクリファイス」を多くの皆様にお聞きいただく機会を!ということでSpecial Concertが企画されました。


b0162238_12112039.jpeg






# by chikako-kokachi | 2019-12-31 11:47 | コンサート

クローゼットの服を今の半分以上に減らさないと。。。   

12月に入ってから、大大大断捨離中です!








少しずつ、できるところから取りかかっていましたが、
最近は禁断の押入れにとりかかり中。。
よくぞここまで、の物の量。。










楽譜
CD や DVD
etc









一人暮らしから引っ越して開けてないダンボール。。
使っていない食器。
出てくる出てくるです苦笑











本は古本屋さんへ
幾らかの収入笑
それでもまだこんなにある。。。
これは今後読み返すのだろうか。。。










服も古着屋さんへ
驚くほど安く買い取ってくださる
「え??10円??」
と心の中で突っ込む
季節が違ったりブランドでないと返されたりする
あーーー、まだ着れるのに。。
区の古着回収はまだ先だし、燃えるゴミへの道なのか。。
もったいないな〜










古くなった化粧品、薬等
もう使えないでしょ、と独り言言いながらゴミ箱へ










楽譜はどこへ・・・
これからも増えるであろう楽譜
どうしよう。。。
製本の取れかかっている紙楽譜。
これはまたいつか使うのかな〜










CDはどう保存したら一番場所を取らないのだろう?
昔のMDカセットとか出てきて
自分の学生時代のレッスン音源とか本番音源とか
これはいつか聴くのかしら?
と思いながら。










そして一番どうしていいかわからないドレス!
年齢とともに変わっていく似合う色、デザイン。
色々調べたけれど、年が経っている無ブランドのドレスは買取もしてくれない
もう着ないであろうドレス。
燃えるゴミ行きなのか・・
勇気がいる
メルカリ?
友人は「音大の前でフリマやったら売れるよねー」と笑
(どなたか必要な方はお声がけください!)












写真の整理。
これまた時間がかかる
見てしまうから笑
5年前の写真がえらく若く見えたり
変化が面白い











使ってない鍋、キッチン用品は思い切って不燃ゴミへ
古い携帯、もう使っていない家電は区の回収ボックスへ
使わない文具は姪っ子や甥っ子にプレゼント
大量のハンガーも思い切って処分










ゴミの分別がイマイチよくわからなくて、区に問い合わせ
とっても丁寧に対応してくれて嬉しくなる









だいぶスッキリしましたが、まだまだ物を減らさないと生活がスムーズにいきそうもありません。









物がなくなったらレイアウトを変えよう。
生活の動線をキープしないと。
狭いお家をどう活用させていくか、知恵が必要。










欠かせないのは物を捨てるときの









「今までありがとう!!!」の一言。











そんなこんなで断捨離モードです。
毎日コツコツ断捨離。
今日はタンスの洋服の見直し第2弾終了。
1弾で捨てることをためらっていたものが捨てられた笑











それにしてもこの母がとっておいてくれた新聞のコラム
インパクト大!!










クローゼットの服を今の半分以上に減らさないと。。。






人はどんどん老けていく!!!

















なんかその通りに思えてきました。








物を捨てられないのは一種の老化現象








と。









物を軽くして、身を軽くして、シンプルに生きたい









そう最近思います。




b0162238_19205691.jpg



# by chikako-kokachi | 2019-01-15 19:21 | その他

渋谷ホール見学!   

年末に、2018年11月に新しくオープンした渋谷ホールを見学してきました!



b0162238_20513219.jpg


こちらがHPです↓



Fazioli
Steinway
Bosendorfer
Bechstein
YAMAHA






5つのピアノ全てを試弾させてくださいました。
幸せ・・・・・・








ホールにはFazioliが常設されています。
まだ楽器が新しい感じがしましたが、これから弾きこまれていったらどんな変身を遂げるのか、楽しみです。


b0162238_20512689.jpg
b0162238_13000593.jpg



ホールの客席は60席。
舞台裏やホワイエもこれから色々対策を考えていらっしゃるようで、着替える場所もさらにしっかり確保されそうですし、もしかしたらお客様がお茶のできる場所もセッティングかもしれない、とのことでした。










語学学校と併設されているスタジオで、その他4台のピアノは様々な広さのレッスン室に置かれています。
PCと繋がる大きなTVのようなスクリーンもあり。
大きなお部屋であれば、少人数のレクチャーレッスンなどもできそうです。








まだオープンしたてなこともあり、カーテンなどがなく外のネオンがちょっぴり気になるお部屋もありましたが、これから色々と対策を考えていらっしゃる、とおっしゃっていました。
b0162238_20514277.jpg
b0162238_20533042.jpg




今、渋谷駅は工事中で行くたびに色々と道が変わっていますが苦笑
比較的駅から近く、お値段も明確なので、今後、きっと土日は予約が取りにくくなっていくのだろうな〜と思いました。
なので、早速次回おさらい会の予約をしてきました(笑)










個人的にはベヒの音色が好きです!
スタインウェイも新しい楽器でしたが、手に馴染みやすかったです。
先にお伝えした通り、ホールにはFazioliが常設のようで、ピアノを交換することは今のところできないそうなのですが。。






(お家にベヒが欲しい。。。。小声.....)







今年はFazioli!!!!
いつものおさらい会と時期が違うので、皆さんの予定が心配ですが。。
楽しんでいただけたら、と思っています!







また、ホールにスクリーンもあるので、コンサートやマスタークラスなど、様々な使い方ができそうです!






新しい場所発掘。
いろんなピアノが弾けて大満足。
本当に幸せな時間でした!!






# by chikako-kokachi | 2019-01-10 20:57 | ピアノ講師

妊婦期間の気づき   

初期→中期→後期
と、刻々と体の状態が変わっていきました。
(今も現在進行形ですが)







その中で大きな気づきが。






ピアノを弾くことは、ものすごく頭を使っている
体力を消耗している






ということです。
今更ですが。







ピアノを弾くこと、家での練習も、日々の伴奏のお仕事でも、もちろん本番も。
結構な精神力、集中力、体力を使っていたことに今更ながら気づきました。
特に本番は、どんな本番でも思っていた以上にストレスがかかっているのだな、と。
(もちろんいい意味で、でもあります)







今まで、それが当たり前でした。
大変だな、上手くいかないな、と思うことはあっても、
それが「普通」だったので、ただやるしかない、という気持ちでした。









もちろん、あーーー緊張して胃が痛いとか、眠れないとか、肌が荒れているとか、そんなのは頻繁にありますし、交感神経がビンビンで心がピリピリしているな、と思うこともしょっちゅうです。








それが「普通」(苦笑)








でもこの期間中、







「あーーーこういうことか!」






とやっと気づきました。







頭を使うとすぐ疲れてしまって、、、
例えば今まで3時間ぶっ続けで練習しても大丈夫だったのに、1時間、いや30分集中して練習すると、気持ち悪くなったり、急にやる気が無くなったり。。







えーー。。。。







という感じ。
しょうがないのでお茶を入れたりして休憩を挟みもう一度挑戦。
また30分後に疲労感。。
その繰り返しでした。








また、仕事が終わって夜遅くまで練習していても大丈夫だったのに、疲労と眠さに勝てず、全く集中できないので練習を断念したり。。








そうか、本来ピアノを弾くことはこんなにも集中力と体力を消耗していることだったのか、という気づきでした。









本番の時は集中しているので、精神的には通常と変わらなかったです。
演奏中はそこに集中できました。







ただ、体は正直で、本番前緊張してくるとお腹が張りだしました。
初期の頃は本番が終わった途端気持ち悪くなりました。
初期中期の頃は、ホルモンの関係でなのか情緒が不安定で、終わって楽屋に戻って「今日も無事終わって良かった。ありがとうね。苦しくなかったかな。」とひっそり泣いていたこともありました。







人前でピアノを弾くということは、「普通」ではなかったことに気づいたのでした。






(後期の頃は、むしろ安定していました。今までになかった感覚で自分や共演者の出す音色に敏感に反応できたことも多かったような気がします。これは不思議でした。)







そのほか、できなくなったことは






・本を読むこと
→移動中などあんなに本を読んでいたのに、全く読みたくなくなった。。。


・数字系の計算ができなくなった
→毎日家計簿のようなものを簡単につけていたのですが、全くそういう計算をしたくなくなった。数字を見ると気持ち悪くなった。。(最近やっとできるようになりました)


・ブログなど、文章を書けなくなった
→書きたいことは沢山あったのに、ブログに全く向かえなかった。


・つわり中は全く料理ができなかった
→ひたすら眠くて。。料理している時の匂いも嫌だったし、食べたい気持ちが全く薄れていたし、食材の買い物も楽しくなかった


・早く歩けなくなった
→気づけば、今まではいつも電車乗るのにギリギリで、駅まで走っていたのです(汗)移動がゆっくりになり。こんなゆっくり歩く自分にびっくりでした。








今まで通りにできなくなったことが増えて感じたのは、








世の中の人の気持ちが前より少し分かるようになったこと







街でゆっくり一歩一歩噛みしめるように歩いている方をみて(お年を召した方々だけでなく)「あーーどこかしんどいのだろうな」と思って、泣きそうになったり






電車で優先席の前で苦しそうに立っている若い女性を見て「あーーもしかしたらつわりが辛いのかもしれない」と感じとったり







見た目は元気そうに見えるけれど、口に出して世間には公開しないけれど、様々な理由で大変なこと、辛いことを抱えている人は少なくない







そういつも以上に気づいた日々でした。







自分ができなくなったことによって気づいたこと。
これから先、その感覚を忘れずに大事にしていきたいです。







ピアノでも何でもそうですが、人は「気づき」から何かが代わり、何かが始まる気がします。


b0162238_13000593.jpg






♪♪♪♪♪♪♪

ちょっとお写真で息抜きを!




どちらかというとアルコールや、そのつまみのしょっぱいものが好きだったのですが。。。
急に甘いものが食べたくなる時期がありまして。。
初めてホイップクリームとか買いました(笑)
フルーツと混ぜてパンにのせて。
b0162238_13010414.jpg




前から食べたかったハワイの「アサイーボール」
挑戦しようと近所のお店に入ったら、はまりました笑


b0162238_13002149.jpeg



冬至には「かぼちゃと小豆」
自分で作ったのは初めてかな?
ビタミンビタミン。
b0162238_12593823.jpg


焼き芋がものすごく食べたくて、、、
何とか電子レンジで作れないかと。。
何度も挑戦して、やっとうまくいったホクホクお芋笑
(でも今でもまだ失敗する。。)
食物繊維、食物繊維。
b0162238_12595285.jpg



ぷくぷく成長している自分。
甘いものは控えなくては。。
と思いつつ。
クリスマスにはケーキ。
美味しかったな。。


b0162238_12594366.jpg












# by chikako-kokachi | 2019-01-09 17:11 | 音楽 その他

ピアニストの妊娠、出産について   

結婚編に続き、「出産」問題です。






子供を願うか、子供のいない生活を選択するか。
これは私にとってさらに大きな問題でした。




特に女性には年齢の制限もあります。
本格的に働き始めたのは帰国後、30歳になってから。
結婚してからは仕事が、ピアノが益々楽しくなって。
あれよこれよという間に40歳が近くなってきて。
(40歳という年齢を区切りにしようと自分で思っていました)






本当にありがたいことに、次の年の本番日程が決まっていたり、
やりたいことは増えていったり
無責任なことはしたくない、という想いが強く。
子どものことは後回しに。。






結婚してから、ふとした瞬間に思い返しては考えていましたが
まだその時は考えるだけで、実際に子供がいる生活が想像できませんでした。





子供のいない夫婦二人の生活をしていく選択も視野にいれて
本当にそれでいいのか自問自答しながら
もちろんだんなさんと話しながら





ここでもあの言葉がつっかえていました






女性ピアニストは結婚するとダメになる





そしてさらに





女性ピアニストは子供を持つと(出産すると)もっとダメになる





ずっとこの言葉がこだましていました。






ある時、自分が一区切りにしようと思っていた年齢が迫ってきているのを感じつつ
ふと、自分の思い描く将来を想像してみました。






60歳、70歳になった時の生活、どんな人たちと一緒にいたいか






この時、急に今までと違う感覚がふってきました。






あーー夫婦二人だけではないかもしれない。
子どもが欲しい。






と。





怖かったのは、誰かに迷惑をかけること
怖かったのは、自分のピアノがおろそかになってしまうこと





結局「自分」を守りたいだけだったのだと。
結局「自己実現」が第一優先になっていただけだと。
なんだ、超わがまま。。。苦笑






そこを乗り越えられるか、乗り越えられないかは、
それこそその後の自分次第だと気付いたのでした。







子どもが欲しいと願うこと、子どもがいない生活を選ぶこと
どちらもその人の選択。
どちらが良いとか悪いとかそういう問題ではない。
それはピアノ弾きでなく、世の中の女性の全てに共通しています。






一つだけ心していたのは、子どもが欲しいと願った時、
もしかしたら年齢的なものや何かで思うようにいかないこともあるかもしれない。
その時にはあまりへこまず、夫婦二人の生活を楽しんで生きていこう!
そうだんなさんと話しをしていました。







妊婦生活の中で、沢山の方に助けられてきました。
特に初期、中期の頃は精神的にも不安定で。
これで良かったのか。。
色々あったにも関わらず、一生懸命生きようとお腹の中で生きようと頑張っている子に対して
そんなことを考えてしまう自分を最低だ、と責めました。。







そんなとき、一緒にお仕事している先輩音楽家の先生方から頂いた言葉で救われました。







妊娠は慶次ごとなのだから、もっと堂々としていればいい。
(申し訳ないという想いが強くて、誤ってばかりだった時に)






どんなことにも対応してみせるから
(まだ不安定な時期に妊娠を初めて報告した時に)






「命を授かり育む」こんな素晴らしいことが他にあるでしょうか?
(衝撃的にすごい言葉だと目が覚めました)







堂々と子どもを産んで育ててください。
ほんの少しの間周りがフォローするのは当たり前のことです。
(いろんな意見があることを身をもって知って落ち込んでいた時に)






他にも沢山いろんな言葉をいただきました。
同じ音楽家の先輩から頂いたこのような言葉は忘れられません。
そして、自分の人間の小ささを実感し
こうした先生方の懐の大きさ、人間としてのスケールにあらためて尊敬の念と感謝の想いを強くしました。






普段からこうした先輩方と音楽を通じて同じ時間を過ごせる。
出会った人によって、人は成長することができると常に思っていたけれど
尊敬できる先生方とお仕事できて本当に幸せだと。
今回の件でさらにその想いが溢れました。







もちろん、音楽家の先輩先生方だけでなく、他にも沢山!!
多くのアドバイスをいただきました。
普段、頻繁に会っているとか、会っていないとか関係ない。
メールでも、その人の暖かさや本気の人間性みたいなものが充分伝わってきます。
こんなに素晴らしい人達に囲まれていることに、お腹の中の赤ちゃんが気づかせてくれた。
どれだけの宝物をあらためて実感したことか。






あーー書いていて涙がでます(泣笑)






もちろん、世の中にはいろんな意見の方がいらっしゃいます。
みんなそれぞれの価値観を持ち、懸命に生きています。
これを読んで「甘い!!」と思う方もいらっしゃると思うし
「信じられない」と思う方もいらっしゃるかもしれない。







でも、私は自分の周りにいる懐の大きな、人間味溢れる大切な人たちを大事にして生きていきたいと思います。
そう思わせてくれたのは、お腹なかで懸命に生きようと頑張ってくれた赤ちゃんのおかげでもあります。







産休に入り、毎日伺っていた合唱団の仕事がお休みになり、ちょっぴり寂しかったり。
でもまた元気に復帰できる日まで、今目の前のこと、頑張ります!






仕事を持つ女性の「妊娠」「出産」
きっとこれからの世の中、まだまだ大きな課題として注目されていくことと思います。





まずは自分の気持ち、人生と向き合うこと
そしてだんなさん、パートナーとよく話すこと
選択はそれぞれです。






私はこれからが大事だと思っています。
上記、悩まされた言葉にどれだけ食らいついていけるか。
これからの生き方を皆さんに見ててもらえるよう
模索していこうと思います。





そして、いつの日かこのお腹の子が





「この世に生まれてきて良かった」





と思ってもらえるような人生のサポートができたら最高だな、と思っています。





音楽、ピアノ、そして家族




自分の選択と人生。
あとは努力次第。



b0162238_13151412.jpg









# by chikako-kokachi | 2019-01-08 13:15 | 音楽 その他