「まきことちかこのヒミツのロシア♪」第4回《ピーターと狼》〜ピーターってだれ?   

「まきことちかこのヒミツのロシア♪」第4回が決まりました!





b0162238_17570614.jpg





6/22(金)19時から
@六本木シンフォニーサロン





プロコフィエフ《ピーターとおおかみ》〜ピータって誰?





というお題です。








この作品は子どものために書かれたナレーション付きの音楽作品(小編成のシンフォニー)で、台本もロシアの民話を元にプロコフィエフ自身が書いています。








♪この作品が書かれた背景
♪プロコの子どもに対する眼差し
♪一度亡命したプロコがソ連に帰ってくることになったきっかけとその後の作風の変化
♪ソ連時代の子ども教育について







など、まきこ先生(まきちゃん)とお話を進めていこうと思います。








とても面白い作品です!






当たり前ですが、子ども向けのシンプルなメロディーやリズムのどこをとっても「あ〜プロコフィエフだな〜」と思います(笑)プロコフィエフ、なんだか良く分からない、と思う方にもシンプルゆえに(いい意味で)分かりやすく面白さが伝わることと思いますし、プロコフィエフ大好きの方々は、まきちゃんの赤裸々なお話を聞きながら、さらにプロコフィエフが大好きになってしまうかもしれません!









プロコフィエフは子どものためのピアノ作品もいくつか書いています。
私も生徒さんによく選曲してきました。
個人的に、彼の子どもに対する眼差し、音楽をどのような存在として子どもたちにに伝えていきたかったのか、とても気になります。







そして、この作品を、2人のピアニスト&ナレーション付きで演奏いたします!
今回、まきこ先生と私と同じ時期にモスクワに留学していた大好きなピアニスト川村祥子さん(さっちゃん)をゲストお迎えし、まきこ先生とピアノ演奏を担当してくださいます。
そして私は、ナレーションです笑。
しかも先日びっくりする提案がまきこ先生からきまして、気が気じゃありません笑。
初ナレーション、楽しみです。








また、もちろんいつものように大人気の(?)ロシアの軽食、お飲物(アルコールもノンアルも)をご用意いたします♪







もしお時間ございましたら、どうぞ遊びにいらしてくださいませ^ ^
まるで自分たちのお家のように(笑)、六本木の素敵なサロンでお待ちしております!








「ヒミツのロシア」細くとも長く続けていけたらと思います。
今年度もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m








P.S ちなみに今年度、あと2回はムソルグスキーの歌曲、ストラヴィンスキーのバレエ音楽をお題にしていく予定です。
ますます濃くなっていきます(笑)







【お問い合わせメール】  Krugmuzyki@gmail.com






直接こちらからも受け付けています。










♪♪♪♪♪♪




今までの「ヒミツのロシア♪」







なぜこの企画が始まったのか







1回目の様子







2回目の内容







3回目の様子




by chikako-kokachi | 2018-05-25 06:56 | *コンサート情報*

<< Information♪ 本物の応援 >>