6年間お世話になった「歌ごよみ」を卒業   

育った街春日部で、6年間をお世話になった歌の会「歌ごよみ」を卒業致しました。
b0162238_140059.jpg

まだ留学から帰ってすぐ、仕事を探し始めた頃、近所の公民館にこの会のピアニスト募集のチラシがあったのを、たまたま父が見つけてくれました。その時からの出会いです。

月1回、進行役の石高先生の選曲する曲をみんなで、ピアノ伴奏で歌っていきます。童謡、昭和の初期の歌から、現代のポップスに至るまで、様々な歌をご一緒してきました。今月までに全235曲。冒頭の写真がその楽譜の山です。

私は全く知らない曲も沢山でしたが、この会で多くの曲と巡り会いました。
合唱だと恥ずかしい、何か言われるようで心配、でも歌が好き、声を出したい、そんな方たちに歌う場所をつくりたいと先生がお始めになった会。
気軽にどなたでも、歌の好きな方が集う会。

ここで出会った皆様は本当に歌の好きな方達です。
ソロだって堂々と!
ロシアに滞在されていたご夫妻とロシアのお話、色んな国のお話をするのが楽しかった。
都内のコンサートまで皆さんで応援に来てくださったり。
地元のレストランで弾いていた時には、お食事に来てくださいました。

毎回、会の途中でクラシックのピアノ曲を1曲弾かせていただきました。
最後はベタだったけど、ショパンの「別れ」の曲。
いろんな想いが込み上げました。
いつも「ブラボー!」をかけてくださる方が、「今日は2倍のブラボーだ!」とおっしゃってくれたのがとてもとても嬉しかったです。

暖かく迎えいれてくださった皆様に心から感謝申し上げます。
どうぞお体に気をつけて、お好きな歌を続けてください^^

あーーー、がんばらないと!!
暖かい皆さんに見守られての卒業。
本当にありがとうございました!!
(集合写真、UPしようと思ったのですが、皆さんにお尋ねし忘れたので、自分の心の中にしまっておくことに致します♪)
b0162238_140249.jpg

by chikako-kokachi | 2016-02-26 01:34 | 音楽 その他

<< 生き方をみつめる リフシッツを聴く。芸術を求める心。 >>