【ピアノの探求】脱力、スケール   

3月のおさらい会が近づき、最近のレッスンでは皆さんスイッチが入ってきているように思えます。初めての舞台になる子達、沢山の曲に挑戦する子、少し背伸びした曲に挑戦する子、お仕事をしながらの大人の皆さんの本番etc. 私にとっても単独のおさらい会は初めてのこと。緊張してきました。笑

本番までのスケジュール、今週は何を中心に伝えたいか、何を大切にして欲しいか、来週までに何に気をつけて練習してもらいたいか。階段を上る様、少しずつ前に進める様、そのレッスンでの課題の認識を明確に、その子に分かる様に表現してあげたいと考えながら進めています。もちろん、計画通りにいかないこともありますが!

そんな中、脱力の難しさを感じています。

例えばスケール。

スケール、アルペッジオ、カデンツァの基本。
私は小学生の頃、毎週課題があり、全調覚えさせられました。(表現が良くないですね。当時はひたすら暗記(暗譜)していましたので。学校の宿題と同じようなものと思って、ひたすら覚えました)今思うと、あの頃それをやっておいて本当に良かった、助かった、と思うことが多々あります。

というのは余談ですが!

さて、
スケールを弾くときの指、手、腕のバタバタかげん。
これが音に直結します。

1の指のくぐり、かぶせに問題あり。→脱力ができていない
指が突っ張る。→脱力ができていない
スケールの導線がガタガタ。→指だけでなく、腕の使い方、腕のポジショニングに問題あり。
どこに重心を感じるのかを見つけるだけでも弾きやすくなる場合がある。

スケールを本当に上手に弾くのはとてもとても難しいことと思います。(私自身も研究中)
でもポイントがあるはず!
響きのついた芯のある音のスケール。
変なクセがつかないよう。
みんなの為にも導きの表現の引き出しをさらに増やしたいです。


がんばりやさんの生徒さんがいたとして、もしその子が上達しなかったらそれは導く側に大きな責任があると思っています。

私はたまに言います。
(1週間、具体的にだした課題を練習して来なかったのか、全く先週と何も変わってない子に)
「この練習やってみた?もし練習してくれて、それでも弾けない、出来ないときは私の教え方が悪いということなんだ。責任は私にある。だから練習してできなかったのなら正直に教えてほしい。」と。

大抵はやっていないことが多いですが。
でもいつもそういう思いでやっています。

クセのついたスケールだって、忍耐強く、一緒に時間をかけていったら綺麗に弾けるようになるのでは?!夢のようなことでしょうか?!

現在挑戦の過程なので答えはまだでていません。
信じたい。
そしてこちらも謙虚に向き合いたい。
脱力は私にとって永遠の課題です。

by chikako-kokachi | 2015-02-03 03:04 | ピアノ講師

<< HEIWAの鐘 本の読みっぱなしを整頓 >>