Information♪   

当ブログへのご訪問ありがとうございます♪ 智佳子

b0162238_1361257.jpg

☆コンサート等のご案内☆

♪2018年5月27日(日)2018年6月3日(日)
おかあさんコーラス 東京支部大会
5/27 with コール・オアーゼ
6/3 with 女声合唱「楽」-GAKU-、with T-pupilla



♪2018年6月8日(金)
JCDA合唱の祭典2018 第19回北とぴあ合唱フェスティバル
オープニングコンサート
with ピーターパン and混声合唱隊Neo-TOKYO
詳細はこちらです↓

♪2018年6月9日(土)
新宿区合唱祭 初夏に歌おう
with コール・サファイヤ、with 混声合唱隊Neo-TOKYO



♪2018年6月22日(金)
まきことちかこのヒミツのロシア♪vol.4
1900開演@六本木シンフォニーサロン
※近日詳細発表


♪2018年6月23日(土)
神奈川県合唱祭
with 小田原木曜会



♪2018年6月30日(土)
第57回明立交歓演奏会
詳細はこちらです↓
♪2018年7月29日(日)
大久保混声合唱団第41回定期演奏会
チケットはこちらより
そして詳細はこちらです↓









# by chikako-kokachi | 2018-12-31 11:47 | コンサート

「まきことちかこのヒミツのロシア♪」第4回《ピーターと狼》〜ピーターってだれ?   

「まきことちかこのヒミツのロシア♪」第4回が決まりました!





b0162238_17570614.jpg





6/22(金)19時から
@六本木シンフォニーサロン





プロコフィエフ《ピーターとおおかみ》〜ピータって誰?





というお題です。








この作品は子どものために書かれたナレーション付きの音楽作品(小編成のシンフォニー)で、台本もロシアの民話を元にプロコフィエフ自身が書いています。








♪この作品が書かれた背景
♪プロコの子どもに対する眼差し
♪一度亡命したプロコがソ連に帰ってくることになったきっかけとその後の作風の変化
♪ソ連時代の子ども教育について







など、まきこ先生(まきちゃん)とお話を進めていこうと思います。








とても面白い作品です!






当たり前ですが、子ども向けのシンプルなメロディーやリズムのどこをとっても「あ〜プロコフィエフだな〜」と思います(笑)プロコフィエフ、なんだか良く分からない、と思う方にもシンプルゆえに(いい意味で)分かりやすく面白さが伝わることと思いますし、プロコフィエフ大好きの方々は、まきちゃんの赤裸々なお話を聞きながら、さらにプロコフィエフが大好きになってしまうかもしれません!









プロコフィエフは子どものためのピアノ作品もいくつか書いています。
私も生徒さんによく選曲してきました。
個人的に、彼の子どもに対する眼差し、音楽をどのような存在として子どもたちにに伝えていきたかったのか、とても気になります。







そして、この作品を、2人のピアニスト&ナレーション付きで演奏いたします!
今回、まきこ先生と私と同じ時期にモスクワに留学していた大好きなピアニスト川村祥子さん(さっちゃん)をゲストお迎えし、まきこ先生とピアノ演奏を担当してくださいます。
そして私は、ナレーションです笑。
しかも先日びっくりする提案がまきこ先生からきまして、気が気じゃありません笑。
初ナレーション、楽しみです。








また、もちろんいつものように大人気の(?)ロシアの軽食、お飲物(アルコールもノンアルも)をご用意いたします♪







もしお時間ございましたら、どうぞ遊びにいらしてくださいませ^ ^
まるで自分たちのお家のように(笑)、六本木の素敵なサロンでお待ちしております!








「ヒミツのロシア」細くとも長く続けていけたらと思います。
今年度もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m








P.S ちなみに今年度、あと2回はムソルグスキーの歌曲、ストラヴィンスキーのバレエ音楽をお題にしていく予定です。
ますます濃くなっていきます(笑)







【お問い合わせメール】  Krugmuzyki@gmail.com






直接こちらからも受け付けています。










♪♪♪♪♪♪




今までの「ヒミツのロシア♪」







なぜこの企画が始まったのか







1回目の様子







2回目の内容







3回目の様子




# by chikako-kokachi | 2018-05-25 06:56 | *コンサート情報*

本物の応援   

最近よく考える。





本物の「応援」ってなんだろうと。






相変わらず変な人です







「応援する」って結構、我慢がいる。
しんどさも伴う。









その人の成長を、いい時も悪い時も、
ときには側でときには遠くで、
いつも気にして見守っている人







ときには叱咤してくれて、ときには激励してくれて






その人のいいところも長所も、まだまだなところも短所も
全てひっくるめて支えてくれる人






親や親友に似ているのか







私も応援している人がいる。
上記に書いた通り。
全て含めて、ずっと応援したいと思う。






「本物の応援」ってする方もされる方も大変だ。





でも、そういう人の繋がりが大きな力を生む。





応援したい人がいる幸せと
応援してくれる人がいる幸せと。






だからいろんなことにぶつかって頑張っている人を全力で支えたい。
だから失敗を恐れずに、まだまだな自分のままで全力でぶつかりたい。







誰にでも、きっといると思うなー
本物の応援団






何があっても味方でいてくれる人が。





ただ批判したり、ただイヤなことを言う人との区別は自分で判断しないといけない。
そういう人はきっと「いいとき」しか側にいてくれないので。





♪♪♪♪♪♪♪

b0162238_17494631.jpg



写真は生徒さんが作ってくださった心休まるごはん。
いつも支えてくださる。
着実にピアノの音色が変わってきています。
お人柄そのまま、「あたたかな」ごはんでした。



♪♪♪♪♪♪♪♪



そして父の美味しい野菜です。
とってもうまい!!
b0162238_17481427.jpg

b0162238_17481741.jpg

いただいた美味しい焼酎とともに。
b0162238_17482036.jpg

こちらもいただいたとってもとっても美味しいチョコレートケーキ!!
( ジャン=ポール・エヴァン)
b0162238_17482225.jpg

そして、たぶん初めて揚げ物に挑戦しました笑

油がはねるのが怖くて、また油がそんなに好きでもないので、今まで揚げ物は外で食べるもの、として生きてきました。

意外と美味しくできました!
唐揚げ、我が家のメニューに仲間入りの予感です。

b0162238_17551214.jpg

b0162238_17551522.jpg








# by chikako-kokachi | 2018-05-24 23:23 | 音楽 その他

【本】自分を見失いそうになった時に読みたい本〜日日是好日   

今月は移動が多く、本を読むピッチが上がっています。
しかも、心にくる本が多く、紹介しきれるか分かりませんが、、、
まずはこの本。
友人が紹介してくれて、貸してくれました。






ものすごく感動しました。
そしてサラサラと文体もとても読みやすいです。









(↑画像をクリックするとアマゾンに繋がります)








森下典子さんの「日日是好日」
副題に〜「お茶」が教えてくれた15のしあわせ〜
とあります。







あとがきを書いていらっしゃる平成14年の段階で25年。
25年間続けてきたお茶を通して体験したことが書かれている本です。








これからお茶を習い始めたい人とか
お茶を習っている人とか
そういうかたを対象とした「お茶の本」かと思いきや。。。








そういうものは超えていました。
知らず知らずのうちに涙がにじむ。。。
涙がにじむのは、ギスギスしている心や、視野が狭くなっている脳を解かれる瞬間です。
心の目が何かのきっかけで亡くなっている時です。








自分の生き方に迷ってしまった時
忙しさにかまけて心を失ってしまうそうな時
世の中のこの加速していくテンポについていけなくなった時
人のことばかり気になって、自分が見えなくなっている時
隣の芝生が青く見えて苦しい時
頑張っても結果が出ない時
結果ばかりを求められて苦しい時
大切な人、ものを失った時
etc









きっとこの本が助けてくれます。








長い目で今を生きること







この本の最後の章のタイトルです。
救われます。







実際の目ではなく、心の目をもってしか見えないもの。
目には見えずに、肌でしか感じることのできないもの。
長い年月を重ねてやっと見えてくるもの、気づくこと。


こういったものへの「気づきの時期」は人によって違うこと。
誰かと比べるものでもないし、早ければいいというものではなく。
その人それぞれに「その時」があるということ。







ピアノも同じで、学生の頃、全く目にもとまらなかったものが今見えてきているものがあります。
10年前には気づかなかったことに、やっと気づけたり。
5年前には意識さえしていなかったことを感じることができたり。
きっと今も見えないことがいっぱいあるのだろうと思います。



自分のペースで日々向き合うことによって、他人と比べることなく、自分のテンポでまだ見えない世界に気づいていけばいい。
そこに競争も何もないのです。
だから長い目で今を生きる。








心にきた話をキーワードでまとめると





一期一会の話
前向きで明るいことばかりに価値があるわけではないこと
お釜の前に座ったら、ちゃんとお釜の前にいること(心を無にしてその場に集中すること)
今を味わうこと
人の胸の内は、こんなにも外からは見えないということ
成熟のスピードは人によって違うこと
他人と比べるのでなく、「きのうまでの自分」と比べること







ピアノを弾き始めてから、もう30年以上が経っています。
(年がバレますね。笑)
積み重ねた時間。
やめたい時もあったし、今だってうまくいかないことも沢山あります。
なんのために続けているのか分からなくなったこともあるし
本当にこのまま続けるべきものなのか、悩むことも。






そんな壁にぶち当たった時には、またこの本を読み返そうと思います。
きっと、今の自分にはまだこの本を読んで「見えていない」ことがいっぱい隠れていると思うので。







人の成長はすぐに目に見えるものではないかもしれませんが、きっと、もし回り道をしたとしても、蓄積されている何かがあると信じて。
一つ一つ、見えない世界、気づかなかった世界を自分のペースで広げていきたいです。







最後に本の一番最後を引用させていただきます。






気づくこと。一生涯、自分の成長に気づき続けること。
「学び」とは、そうやって、自分を育てることなのだ。






自分を育てるのは自分。
しかも周りの人にペースを揃えなくていい。
自分が「気づく」その時が、その人のタイミング。






長い目で今を生きる





そう思えたら、きっと少しつづ強くなれる気がします。





私にドンピシャな本を紹介してくれた友人へ、沢山のありがとうを!!



♪♪♪♪♪♪♪♪♪

新曲組曲の初演が秋にあります。
昨日、とってもドキドキしていた初合わせが終わり、ちょっぴりホッとしたのですが、、
予想通り、難しくも素晴らしい音楽でした。
初合わせまでは予想がつかないので、エライ緊張だったのです。
まだあと2曲新曲がくるので、さらにドキドキです笑



さあ、今週末から夏休みまで本番が続きます。
その瞬間瞬間を大切に過ごそう。
頑張ろう。


b0162238_11351524.jpg






♪本情報→日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)



♪過去の関連ブログ




# by chikako-kokachi | 2018-05-21 23:56 | 本、映画、絵

マリア・ジョアン・ピリス、最後の日本公演   

ピアニスト マリア・ジョアン・ピリスさんが2018年をもって引退されることを宣言。
最後の日本公演、なんとか川口リリアで行われた公演のチケットをゲット。
聴きにいくことができました。






b0162238_13121002.jpg
(お写真はプログラムより)





この公演はお弟子さんのリリット・グリゴリアンさんとのデュオ。
プログラムはオールモーツァルト。







音源は聴いていたけれど、実際コンサートに行ったのは初めてです。
どうしても生演奏で聴きたくて。







一言で言ったら「感動しかない」









一番心にきたのは、この引退公演、最後のプログラムにお弟子さんとのデュオをもってきたところです。








それぞれのソロ演奏もあったのですが、お弟子さんが弾いている時、舞台上で座ってその演奏を聴いているピリスさんの姿にエレーナ先生が重なり、涙腺崩壊。







まっすぐな姿勢でじっとお弟子さんの演奏を聴いているピリスさん。
どんな想いでいらしたのかなと。







そしてお弟子さんの演奏が終了すると、水を注いで渡してあげるキュートな先生。
会場にアットホームな空気が流れました。







そしてピリスさんの演奏の時はその逆。
お弟子さんが先生の演奏を舞台上で聴いている。
終わると、先生に水を差し出すお弟子さん。
それを飲む先生。






素敵でした。







自分は舞台を引退し、次の世代にバトンを繋いでいく。
そんな姿を目の当たりにした感じです。






連弾の際、演奏前にメガネをかけるピリスさん。
演奏後、メガネを外してお辞儀をするピリスさん。
凛と、自然に舞台に登場する、舞台を後にするピリスさん。







演奏以外のそんな姿もエレーナ先生と重なりました。
短めの髪で背の高さも似ていらして。







演奏で一番印象に残っているのは、音の幅が膨大であること。
音色もしかり
音量もしかり。






これもエレーナ先生の演奏に重なりました。






数え切れないほどの音色。
研ぎ澄まされた弱音と、びっくりするくらい強烈な楽器の鳴り。
打楽器のようなちょっぴり乱暴とも取られるかもしれない鋭い音があるかと思うと、とっても優しく澄んだ穏やかで自然な歌っているかのような美しいメロディーが奏でられたり。






ご一緒している指揮者の先生もよくおっしゃっているのですが






「強い音が出ない人は弱い音は出せない。その幅があるから表現が広がる。」






音量だけでなく全てに通じます。
本当に、ピリスさんのそのレンジの広さ。
私もちょっぴりでもいいから近づきたいです。







そしてびっくりしたのは、椅子の移動など、全てご自身でやっていたこと。





私たちもやることありますし、そのことに関しては何も思っていませんでしたが、まさかピリスさんが!と、会場がどよめいていました笑)







最後に。





街はいろんな音にあふれ、そのガヤガヤの中で時間があっという間に過ぎていく現代の世の中。
たった一台のピアノで、しかもとてもシンプルなモーツァルトの音楽が奏でられている空間で、人々がジーーーっと耳を澄まして聴きいっている絵。







このギャップ。
なんか、脳がこういう時間をすごく必要としていたような気がします。







すごくないですか?







ピアノ一台のシンプルな音に、何百人の人たちがジーーーーット、シズーーーーかに、集中して聴きいるんです。






何度もすみません笑






シンプルな美しさ。
それを感じられる心をなくさないようにしたい。
そう強く思いました。







今生きている私たちが奏でる音楽。
その時しか聴くことのできない貴重な時間。
巨匠と呼ばれる方々のチケットはなかなか入手が難しいのですが。
なんとか時間をつくって足を運んで行きたいです。







演奏後、スタンディングする観客の拍手に何度も応えていたピリスさん。
そんな先生と力強く手を握って一緒にお辞儀するグリゴリアンさん。
きっとピリスさんの背中を追って、グリゴリアンさんはこれからバトンを引き継いでいくことと思います。
引退が悲しいとか、そういう表情ではなく、晴れやかで暖かな自然な笑顔のピリスさんの表情が心に残りました。








余談ですが、この川口リリアでの公演と同じプログラムで本当に最後の日本公演が浜離宮ホールでありました。
が、その公演、プログラムが変更になったそうです。
オールモーツァルトだったプログラム、シューベルトの幻想曲に変わったそうです。
とーーーーーーーっても聴きたかったです。
この曲、私の中では封印しています。
いつか弾きたい。
いつか必ず。






おまけです。
ピリスさんに関するすごいエピソードを見つけました。
これは夢の中の出来事でよく起こっても、現実の世界であるなんて。。。












いろんな想いが交差したコンサート。
最近特に涙脆いです。
そこにいることができて、本当に幸せな時間でした。



b0162238_13121599.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪

今日は小田原で合唱団の強化合宿、その後九州へ移動。

新幹線こだまは小田原から名古屋まで2時間かかりました笑。
そしてのぞみに乗り換え。

だんなさんのお父さまの法事です。
トンボ返りですが、明日は家族でいい時間になりますように。













# by chikako-kokachi | 2018-04-29 23:31 | コンサート