嬉しかったこと   

先日、昔ピアノをご一緒していた子が、ピアノを再開しました。







以前、お教室で教えていた子だったのですが、私はそのお教室を辞め、その子はピアノを続けていました。
ある時期に、お勉強の為にピアノを中断。







たまたまご縁あってご連絡いただき、ご一緒できることに。
嬉しい再会です!








とても嬉しくて。







久しぶりにお会いした彼女。
大きくなって^^
しっかり返事をして、集中した目で、1時間、あっという間に過ごしました。






いろんな都合で毎週というわけにもいきません。
でも大丈夫だと思うのです。
あの目であれば大丈夫。







受験でピアノを全くやめてしまう方も少なくないと思います。
多くのピアノの先生は、その子の将来を応援して送り出してくださっていると思います。







ただ、ちょっぴり思うのです。
それは受験がきっかけになっただけで、もしかしたら、ピアノを辞めるちょうどいい理由、区切りになっただけのことなのかもしれない、と。






これまたその通りで。
何事も辞めるきっかけって難しく、なかなかそのタイミングを計りかねる時ってありますよね。





ピアノ、もちろん習い事全般においても、そのいいきっかけが受験だったりするのかな、と思います。







ただ、受験、勉強シーズンが終わると、こうして戻って来る子もいるのですね。







ピアノが好きだから、音楽が生活の一部になりつつあるのか!!






ピアノを続けることがいいこと。
そんなこと、決して断定できません。
ピアノ以上に夢中になれるものがあれば、そこに時間を費やすのは当たり前のこだし、学校の勉強に集中したいのなら、それも本当普通のことですし、部活に熱中したいのであれば、それはそれでとても素晴らしいことと思うのです。





また、ピアノを習いに戻らなくとも、自分でお家で弾いてみたり、歌を歌ってみたり、学校の音楽の授業を楽しんでみたり!!
何もピアノのために絶対時間を使わないといけない、なんて決まりはないのです。







ただ、私が嬉しいと思ったのは、時間が限られている中、またピアノを再開してくれたこと。
これはピアノが好きじゃないとできないことだよなーと思うのです。







で、そんなピアノが好きな子と一緒に音楽の時間を共に過ごせることが嬉しい。
究極そこです。







多分多くのピアノの先生がそうだと思います。
うまい下手が一番でなく、ピアノが好きな子、方とご一緒できる時間が、同じようにピアノ大好きな先生たちにとって、とてもとても幸せな時間、充実の時間なのです。







もちろん、来てくれているからには、その子のペースで、よりいい音楽を感じてもらえるように導いていきたいとも思いますし、好きだからといって楽しいだけでないかもしれないし、実際、生徒さんたちの時間のやりくりも大変だと思います。






ただ、理想妄想全開の戯言かもしれませんが、





生活の中に音楽が生きている、そばにある、そんな時間が、そのこと自体が「普通」になっていったら嬉しいな、と思います。
もちろん、自分のペースで。
多分、その子の将来のどこかで、ピアノや音楽に救われる瞬間があるように思うからです。







そこで、自分だけで続けるのが大変であれば、先生を利用するまでです。笑
きっと喜んで先生は助けてくれると思います。
月1回でも2回でも。
少なくとも、レッスンの時間はピアノの時間になりますので。






最近、別のルートで、昔ピアノをご一緒していた子が、バイオリンを始めたことも知りました。
とても嬉しく^^






あの子は元気だろうか、あの子はどうしているのだろう。
そう先生は想いを馳せています。
もしこれを見た方がいらっしゃいましたら、近況、教えてくださいね笑





嬉しい再会。
ピアノを習っている全ての皆さんを心から応援しています。





最後につぶやき。
ピアノの先生って親とも学校の先生とも違う。
でも、もしかしたら一生の付き合いになる確率もある、なんとも不思議な存在だと思うのです。笑
習い事の一つではあるけれど、その先生との出会いで、何かが変わってくることもあるのでは、と思うこの頃です。
実際自分もそうだったので^^


b0162238_11095018.jpg



by chikako-kokachi | 2017-10-23 23:33 | ピアノ講師

<< Information♪ 【時間の使い方】忙しいは言い訳... >>